2008/3/25  23:59

マイ・ブルーベリーナイツ  diary

今日は「マイ・ブルーベリーナイツ」
昨日は半分仕事だったので。

クリックすると元のサイズで表示します

香港のウォン・カーウァイ監督の初英語作品。
僕はアメリカものを見ることが多く、彼の映画を見たことがない。と思う。
キムタクが出たやつも見ていない。

主演は映画初主演のノラ・ジョーンズ。
歌はもう有名ですよね。

もう1人。
ジョード・ロウ。

そして共演にナタリー・ポートマン、レイチェル・ワイズ、僕が好きなおじさん俳優デイヴィッド・ストラザーン。

この映画を見ることにした理由はジュード・ロウとストラザーンだ。

恋愛物ではあるけれど、ロードムービーになっている。

ちなみにこの映画脚本を俳優に渡してないんだそうです。

それと言うもの、香港って脚本が存在しないって知ってました??
今はどうか分からないのですが、昔ジャッキーが活躍してた時代は、今の中国のコピー商品のように、映画を撮るために脚本があって、スタッフ全員に配ると、それが流れて、適当な同じ内容の作品が先に作られ、本家の映画がコピーをされてしまうという事態になってしまうのだ!!

今はどうなっているんだろう?

そんな中でやってきたカーウァイ監督は自分なりのやり方を見つけたようだ。

今回の映画もアメリカ映画だけど脚本を渡さず、逆にその場でシーンを説明して先入観を持たずに即興的な要素を入れて撮っていったのだそうだ。
つぃかにいい俳優の場合、即興で行うと面白い化学反応が起きる。
いい俳優じゃないと、シーンは成り立たない。

ジュードにしても始めての体験だったようだ。

映画はタイトル通り、すっぱい思いをしながらスィートな感じ。
旅して回ることでノラ演じる女の子は失恋から強くなる。

ただちょっと気になったのは監督の映像の使い方。
いいのか悪いのか分からないけど、お店のシーンで下の写真のようにガラス越しに文字をなめて2人の会話を進めていく。

クリックすると元のサイズで表示します

おしゃれでスタイリッシュなんだけど、普通映画の場合、ガラス越しに写すには誰かが見ているとか、なぜそこにカメラがあるのか理由がある。
でもここではそういう必要のない場面だ。

また途中何度もスローモーションのブレが残る映像になるところがあるのだが、なにか重要な事が起きる事が起きる場面ならそれでもいいが、そうでもない瞬間に使われることがある。

テクニックの乱用になってしまえば、うるさくなる。意味がなくなってしまう。シーンの意図をずらすこともある。
普通は映像テクニックは綺麗だからではなく、そのストーリーを伝えるために1番いいものを使うだけである。

それに合っているのか、どうか。みなさん見たら感想聞かせてね。


ストーリーは面白いよ。



2008/3/24  23:36

ジョギング?ウォーキング?  diary

ユウジさんこんにちわ!
いつもブログ拝見させてもらってます。
さて、質問です!
有酸素運動の代表格のジョギングとウォーキングではどちらがおすすめですか?
どちらが脂肪燃焼効果が高いのかなぁと思いまして質問してみました。


という質問がJIROさんから来ました。

通常、有酸素運動として最大心拍数の65%程度で運動するのが一番体脂肪を燃焼する効率がいいと言われています。
そこそこ心拍数が上がり、程よく汗がにじみ出るくらいです。

最大心拍数は簡単な方法では(220−年齢)で出ます。
25歳なら195拍/分、40歳なら180です。
その65%の心拍数は25歳で126.75(約127)、40歳で117です。

ただこれは運動中、例えば運動を20分行なっているその間に燃焼する「率」が高いということになっています。

反対に心拍数が80%の場合、25歳の場合156、40歳は144ですが、これは結構ハアハア言うレベルです。

この場合、「率」は下がりますがエネルギー消費量が膨大になってくるので、率が下がっても65%のときの燃焼「量」と変わらないとも言えます。
量が変わらなく、それ以外のグリコーゲン(糖質)が65%よりも膨大に消費しています。

体を絞る場合、糖質を余らせないことも大切です。

そして強度が高い=心拍数が高い運動をすると、運動をしている時間だけでなく、運動後の数時間あるいはほとんど1日代謝が高くなり、ずーっと体脂肪を燃焼し続けるのです。

これが強度の低い運動の場合、期待できないのです。

故にジョギングのほうを体脂肪燃焼を効果的に行なうには勧めます。


しかし、ずっと強度の高い有酸素運動を20分〜30分行なうのは無理なので、インターバルトレーニングの登場です。

強弱をつけて行なえば、強度の高い部分も作って、弱い部分もあるので、20〜30分続けられる。
強弱をつけるので強の部分をより高く設定できます。

80%で20分続けられるのであれば、90%のところまで上げて、また下げて心拍数を整えながら軽くジョグをして、また上げるということが可能です。

それが僕の言う「マウンテンラン」で例えば、9,10,11,12,13km/hと1分後とにスピードを変えて、またいきなり9に戻って軽いジョグ。
この山を繰り返すのです。
ずっと同じなら11キロでしか続けられなかったでしょう。
それが13キロまで上げられます。

すると運動後の代謝が上がる効果がより得られます。


もちろんこれを行なうには、次第に体力をつけていくという過程を経なければいけません。
しばらく運動に慣れ、練習してからです。

また心拍数の数字は人によって違います。
元々低い人や高い人がいます。低い人が160まで心拍数を上げるのは大変です。

数字で考えるのもいいですが、体感も重要です。

65%は軽く息が弾むくらいで、ジンワリ汗が出るかなってくらい。
80%はハアハアいう感じ。
90%は1分間くらい走るのがやっとというくらいでもうゼエゼエ言ってます。

そんな目安も使ってください。


僕は上下をつけて短めです。

それと食事を正しくすると、有酸素運動の時間は半分以下でいいでしょう。



2008/3/23  22:42

サウナの疲労回復  diary

BBSにありました「たかゆき」さんからの質問。

週に3、4回スポーツクラブに通っています。入浴時に、たいていサウナを利用します。
そこで、先日の入浴時に、近くにいたオジサンたちが、「サウナに入ると息苦しいよね」などと会話をしてました。
私は、ある雑誌で、サウナには汗と一緒に疲労物質を排出させる効果があり、
サウナと水風呂を5分間程度交互に利用すると、筋肉疲労の軽減になる内容の記載を見てから、
そのように利用してますが、実際に正しい利用方法はあるのでしょうか?


サウナで水風呂と交互に入るのは、血行はよくなりますよね。

血行がよくなると、疲労回復は促進されるのです。

血行が促進されると、血流がよくなるということであり、多くの血が流れ込み、また戻っていきます。

多くの血が流れ込むということは、どんどん糖質などのエネルギーやビタミン、ホルモンなど全てを運搬してきてくれます。
まずそういったものが疲労を回復してくれます。

またいろんなものを運搬してきた血液は帰るときには、老廃物、乳酸などを各内臓に戻し、ろ過させていきます。

だから血行がよくなるということは、その両方の作業をドンドンすごいスピードで行なっていくと言うことです。

ちなみに加圧トレーニングでは血行を制限して老廃物を一時的に排出運搬しないようにしているので軽い重さでも筋肉が乳酸で痛いのです。

肩こりも同じようなもの。
だから磁石や薬品などで血行をよくするということを行なう商品がある。

サプリメントでもアルギニン(L-アルギニンなど)という物質があり、それは一酸化窒素を増やし、それが血管を広げる役目を行なうので、血流がよくなるのです。

ちなみに男性精力剤にはアルギニンはそういった意味で必ず入っています。
またその手の商品には朝鮮人参が入っていますが、アルギニンと一緒に取ると効力を増すのです。

その辺の疲労回復は男性にとって敏感なものですから・・。


さて、話を戻して、正しい食事をするというのも疲労回復が早い体をその意味では促進することになります。
いわゆる血管壁がコレステロールでドロドロなら流れてきた血液の栄養分を吸収するのも効率が悪いでしょう。

それに低GIの炭水化物の場合、血糖値に急激な上下を作らないので、下にあたる部分が少なく、疲れることは少なくなります。


そして運動、という手もあります。

有酸素運動を適度に行なう、というのも疲労を回復してくれます。
血流を良くする目的として軽く行なうのです。

肩こりの場合も肩や僧帽筋のトレーニングを2セットほどしてあげることで、すぐによくなります。


僕としてはやっぱり食事を正しく、適度に運動することをまずやって、それ以外にサウナとか、サプリという順番でやって欲しいですね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ