2008/3/17  23:59

MAROON5 武道館 3.17  diary

マルーン5の東京・武道館公演!!!

いやあ、サイコーでした!!

クリックすると元のサイズで表示します


皇居北の丸まで車で行って止めてやろうと思ったので少し早く行った。
座席指定なので、早く行く必要はないんだけど、出来るだけ近くに止めたかったので。

なんと武道館目の前の駐車場がけっこうすいてる!
しかもコンサートがあるときは、500円ポッキリ!安い!

結局帰るときもそれほど車で来ている人はいないので武道館の場合には意外に楽ないい手段かも。

開場まで向かいの敷地内のカフェで時間つぶし。
会場時間になって入ろうと入り口あたりを歩いたいたら、後ろから少しロン毛の無精髭の外国人がヒョコヒョコと歩いてくる。
「なんか、イギリスのバンドみたいな人だな。」って連れと話していた。

実は武道館は僕は初めてなのだ!入ったことがない。
意外と大きくないんですね。
埼玉スーパーアリーナは巨大だし、幕張も2階席などはないけど、1Fだけなら武道館より人は入る。

さて、注目の今回の座席は・・・・!!

正面から向って左に10mちょっと。
前から9列目。

悪くないね。
ただ最近、最前列付近が多かったからその中では少し後ろになっちゃうかな。
でも十分ステージ中央まで15mくらい。
表情まで十分見えます!

そして、なんと開始時間2分前に前座が始まった!
時間前に始まるって、普通ないよ。

前座はSOFTっていうバンド。外国人。うーん、知らないなあ・・・・

と、その時、ステージに現れたボーカルが、さっき後ろから僕を追い越して中に入って行ったさっきの外国人!!!
え、え、え!!??

やっぱバンドマンだったね!

街中でそんな風に見える人、多いから冗談で言ったのに。


クリックすると元のサイズで表示します

そしてマルーン5の登場!!
一気に盛り上がってきた!!

ヴォーカルのアダムの誕生日でもある今日のライブ。
彼の綺麗な高い声がこだまする!

有名な曲のオンパレード!

やっぱり彼らはなにがいいって、その音楽性の高さ
音楽の質の高さ。

静かなバラードでも観客が十分聞き入ってしまう素晴らしいメロディだ。

今はまだ2つのアルバムしか出してないが、前作のあのものすごいヒットしたアルバムがデビュー作だなんてそれ自体すごい!

Sunday Morningなんかも大盛り上がりですごかった

特にヴォーカルのアダムの才能がすごい。
歌があれだけうまくて、の独特の声を持ち、さらにギターがギターリストなみに弾けちゃうんだから、すごい!
ギターのジェームス・ヴァレンタインがいるのに時々旋律部分を弾いちゃったりなんかして。

その2人が歌が終わったところでそなまま向かい合ってギターを弾き合う。
そうすると、見ている人は気付いたのだろうか?終わりの部分をなんと、ホワイトストライプスの新しいアルバムの1曲目のギター部分を入れちゃったりして!
人の曲をやっちゃう!!??しかもごくわずかに遊ぶように!
ここの始めから43秒からのパートです

これにはびっくり!

今回ちょっと残念だったのが、観客。。

一度バンドが一通り終わって引っ込んだとき、通常、バンドを呼び戻すかのように観客は手を打ち鳴らし、声を出す。
いわゆるアンコールのときのやつです。
僕が今まで行った激しいバンドの観客はその分、バンドを引き戻すだけの声援をもってアンコールを迎える。
それがなんと観客がおとなしい!!!
中央前付近の人たち、座っちゃてるじゃない!!だめだよ、それじゃあ!!

ということで、僕は「オー!オー!オー!オー!」と叫びながら大きく両手を上に打ち始めた。
するととなりの男2人が一緒になって言い始めた。
通常これが会場中に広がっていき、ものすごい声援となる。
そころが広がらない・・・。ダメだよ!!!

そうこうしているうちにバンドが出てきた。
ほうって老いても出てくると思っちゃいけません。呼ばないと!

アンコールで有名なShe Will Be Loved を歌うとは思っていたけど、アンコールは通常3曲あるうちの2曲目で歌ったのだ!

もちろんこれも、すごくよかったのだが、最後に何歌うの??と疑問。

すると「さっき歌ったSOFT、そのへんにいる?ステージに上がってこいよ!!」とアダム。

SOFTが上がってきたと思ったら、「僕達が尊敬するバンドの歌を・・」と言って歌い始めたのは、自分達の歌ではなく・・・・

OASIS(オアシス)のDon't Look Back In Angerだ!!!


これも本当にびっくり!

だって人の曲をラストに歌うぅぅ???

でもそれだけ敬意を表しているんだろうし、それが伝わって会場はSOFTと共に沸きあがった。

僕もこの歌が大好きなので、大声で叫び歌った。
ずっと歌ってましたが。

しかし、人の曲を最後にやっても他の自分達の曲が薄れることもなく、質は高い。
それだけいい曲を持っているし、大満足!!!

それとやっぱりアメリカ人のライブのほうが全般的にイングランド系よりパフォーマンス、観客とのやりとりがうまいと思う。

今日もそのへんはアダムもうまかった。

今日は本当に満足でしたぁぁ!!!



PS.いた場所が悪かったのか、左の耳が3時間経った今も耳鳴りがしている。
   ちなみにMAROON5は僕の車と深い関係がある。
   色は玉虫色の栗色(マルーン)で5を裏返すと僕の車になるのだ。  









teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ