2008/4/5  23:36

トレーニングの腰が重いとき  diary

今日は朝起きると、妙に眠かった。

こんな日は体が重い。

前半の仕事を終えた後、昼ごはん。
後半が始まるまで1時間半ある。
ここで今日はトレーニングの予定にしている。

本当はご飯直後にトレーニングをすべきではないが、朝一番から仕事、夜は終わりが9時で多くの仕事を行なった後はパワーがないことが分かっている。

ベストなタイミングではないけど、ここでトレーニング。
いいタイミングでできるときは、食事との兼ね合いをしっかりと考えてやってます。

で、ご飯を食べ、少し用事を済ませ、トレーニングの時間が迫ってくる。

しかし、うー、なんか重い。眠いのかも。

ちょっとテーブルに顔を伏せてみると危うく寝そうになってしまった。。。

いかん!いかん!

こんなとき、いかに自分を奮い立たせようかといろいろ考える。

1.1週間のカリキュラムを考える
   火曜、木曜、水曜やってきて、今日やらなかったら、明日やっても1回予定がずれて、結局今週は怠けた1週間ということで終わってしまう。それでいいのか!

2.理想の体を追い求める
   一体それで理想の体が手に入るのか!そうやって1回怠けることが、次には普通になってしまい、どんどん坂を転げ落ちるように怠けが普通になっていくんだ。そんな人間になりたいのか!嫌だろ!

3.どんな人間になりたいのか?
   目指す人間は何だ!どんなときも突き進み、そのために努力し、向上できる人間になりたいんだろ!

4.初めの一歩
   それを変えるにはマズ一歩踏み出すこと!本当に一歩という具体的なことを始めること。立ち上がって着替えに向うんだ!立てぇ!立つんだ!ユウジ!一歩歩け!

5.リンキンパークでスパークだぁ!
   i-podを持て!今一番トレーニングミュージックとしてお気に入りのリンキンパークをかけるんだ!音量はいつもより大きめ!脳をつんざくような刺激でアドレナリン噴火だ!スイッチオン!

という過程を経て、今日もなんとかトレーニングを100%行なえました。

そんなことをいつも行なっていると、今日のように休憩室に差し入れのカステラやみたらし団子がドーンとあっても見向きもしません。
取るに足らないことです。
たとえ結構好きだったとしても・・・。


クリックすると元のサイズで表示します




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ