2008/5/3  23:48

カード型フィットネスクラブ  diary

アメリカには今変わったフィットネスクラブがある。

通常フィットネスクラブはドアを通って入ればフロントでスタッフが「こんにちはー!」と迎えてくれ、ジムに行けばトレーナーがいる。

しかしアメリカでいまいくつかあるカード型クラブというのはそれとは全く違う。

入り口のドアにはクレジットカードを通すようなところがあって、そこに会員カードを通す。
するとメンバーだけが入れるというわけだ。
で別にドアを抜けて入っても、そこに誰がいるわけでもない。

ジムに行くとトレーニングをしているお客さんはいるものの、スタッフはいない。

だってスタッフは1人しかいないのだから。

その分会費は超格安。
普通のアメリカのフィットネスクラブ(日本で言うコナミやルネサンスのレベル)の会費は50ドル程度でしょうか。
それがなんと10ドル〜20ドル。
安い!!

でもほぼ完璧にスタッフはいない。

入会希望の方にはセールスの人が対応しますが、人件費を極端に削減することでそんな低価格を実現しているのです。

ちなみにジムは24時間オープン!

で、24時間カメラで管理しているのだそうだ。

いったいジムの雰囲気はどんなんだろう??
想像がつかない。

スタッフがいないのでスタジオクラスもありません。ジムだけですが。

結構広い施設もあって、通常のクラブの倍以上の会員を集客しているところもあるようです。

さて、あなたはこんな感じのクラブはどうですか?


うーん、僕はあまりに寂しいように思う。

まあ、トレーニングするだけで話すつもりはない!と言う人もいるけど、運動が続かない人は多いかもね。
価格だけの勝負だから。

日本にはこの手のジムはまだないと思いますが、チェックインが自動改札みたいなところは多分あります。



今日のトレーニングはなし。
予定通り、なし。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ