2008/5/16  23:57

諦めない生き方  diary

雑誌にこんな記事が載っていました。

まずは写真を見てください。

クリックすると元のサイズで表示します

この男性は10年前に交通事故に遭い、下半身が麻痺してしまうということになりました。

かなり人生に失望し、いろんなことを考えたことと思います。

しかし彼は「コップに水が半分しかないと考えるか、それとも半分はあると考えるか」という二者択一の選択について考えていたそうですが、やがて、「せめてコップはある」というふうに考えることができるようになったようです。

そして「そのコップに水を満たすのは自分自身だ!」ということに気付いたのだそうです。

普通はその選択のどちらかしか考えないものですが、こういった考え方をできたことがとてもすごいことだと、僕はビックリしました。

そうしてトレーニングを行なうようになり、写真のよに変わっていったのです。

顔つきもとてもエネルギッシュに見えますね。
明るい表情も。

しかもいい体してます。

この車椅子はなにか競技とかもできるものでしょうか?ホイールがそんな感じがしますね。
そういうこともやっているのでしょう。

そして驚くことに、長年トレーニングを続け、体に意識を向け運動をしていく中で、なんと腰と脚にわずかながらも感覚を取り戻すことができたというのです!!

これこそ奇跡!!!

そういうことって起きるんですね。

でも誰よりも強く願い努力した人にだけ、こういう奇跡は起きるものですよね。


昔スーパーマンを演じたクリストファー・リーブが落馬して、首の骨を折って、首下不随になってことは皆さんもご存知でしょう。

彼はそれこそスーパーマンとなって体が動かないことに屈するkとなく、リハビリに毎日、毎日、何年も励みました。
まあ、そこにはハリウッドスターとして大金を持っていたのでリハビリをしてくれる人を毎日雇うお金があったことも事実ですが、毎日めんどくさがらず、動かない体を動かそうと努力するのは大変なことです。

約10年くらい経ったころでしょうか、水中での運動中に、足の指が動いたのです!

これも強く願い努力した彼が起こした奇跡です。

残念ながら彼は別な合併症で亡くなりましたが、この話、そして今回のような話を聞くと、自分が(自分達が)体をかっこよくしたいと願うことくらい何が不可能があろうか!と思うのです。

上のことに比べると誰でもできる、絶対できる、可能なこと。

理想の体が手に入らないのは自分が甘いからだな、ということを肝に銘じて、これからも頑張っていこうと思う!




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ