2008/7/28  23:08

シャマラン監督「ハプニング」  diary

今日も駒沢公園でRIPSTIKの練習をしようと出かけた。

すると始めてすぐに、公園管理関係の人に、「ここではやらないで、あっちでやって!」と言われた。

確かにスケボーエリアは設置されているんだけど、あそこは路面が粗すぎてRIPSTIKができない。

パイプでいろいろやる人はそこでやるからいいのだけど、ちょっと路面を滑りたいだけなので、そうすると練習する場所がない。
道路じゃ出来ないし。

日本の公園って制限が多いね。LAはまったくなかったなあ。

今度からどうしよう。



したいことが出来なくてむしゃくしゃしていたので、映画へ。

ハプニングです。
クリックすると元のサイズで表示します
「シックスセンス」のナイト・シャマランが監督。
主演はマーク・ウォールバーグ。

話題の作品ですね!

シャマランの映画はネタバレ厳禁なので、あまり内容は書けません。

でも今だからこそできた映画で、他の時代では意味を成さない映画となっている。

彼の映画は大ドンデン返しを期待されるが、あまりそればかり期待するのは酷なので、市内で下さい。

でもいい映画です。

見れば分かるのですが、テーマとなっている事柄をどうやって表現し、映像、ストーリーにするかという難しさ、素晴らしさを見て取れます。

どんどん人々が死んでいく。しかも自殺という死に方で。
なぜそんなことが街中で起こっているのか?
逃げる主人公達・・。

今日の映画は舞台がNYとフィラデルフィアで、両方ともこの前行ったばかりなので、そっちに目が行っちゃったりなんかして。。。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょうどこの写真のセントラルパークから事件は始まるのです!

クリックすると元のサイズで表示します
そしてこのフィラデルフィア30thストリート駅も出てくる!!
行ったよ!そこ行ったよ!って心の中で叫んでた。

クリックすると元のサイズで表示します
向こうにある尖ったビルも映ってたたなあ。

話とは関係ないけどね。

映画は考えさせられる内容でしたよ。
見たほうがいいですねえ。

でもあまりエンターテイメントを求めないように。内容です。

クリックすると元のサイズで表示します
ららぽーと横浜の映画館の屋上駐車場に行ったら空が!!!
クリックすると元のサイズで表示します

バットマンが出そうだった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ