2008/11/24  23:51

ブラインドネス  diary

今日の映画は「ブラインドネス」

まずこの映画を見たかった理由は監督。
フェルナンド・メイレレスというブラジル人の監督で、「シティ・オブ・ゴッド」というブラジルのものすごい映画で世界中を虜にし、僕もファンになった。
その後「ナイロビの蜂」でもまた深〜い重〜いドラマで衝撃が大きかった。
どちらもアメリカのアカデミー賞がらみになったはず。

なので今回も重い映画だと思いながら見たくなった。

盲目になる伝染病がブラジルに蔓延し、多くの人が収容所に隔離され、その中で人が人でなくなるひどい状況になっていく・・・。
そんな中で人は生きる道はあるのか。というかなり重い映画。

その伝染病を最初に発祥するのが日本人夫婦で、これが日本の俳優の伊勢谷友介と木村佳乃。

この二人がこの映画で結構重要な役をやってるんですよ!
主要6人のうちの2人なんです!

他の商用俳優は、ジュリアン・ムーアにダニー・グローバー、通には有名なマーク・ラファロ、今メキシコ俳優で一番有名で伸び盛りなガエル・ガルシア・ベルナール。
それぞれがハリウッドでひとつの映画の主役または準主役レベルをやる俳優達でそれに並んでこの日本人2人が起用されたのは、すごいですねえ!!
伊勢谷さんは僕が行く美容院で見かけたことがあります。

しかし・・・・・

この監督の前2作があまりにすごいので、今回のは、言っちゃいけないけどそれと比べると、深いドラマと深刻さがまだ突き刺さるものを感じられなかった。

いや一般レベルとしては十分いい映画だと思います。
ただ前のがあまりにすごいので・・。

まあアカデミーがらみになるってのは、奇跡に近い話なので。。


映画の最後には、僕達の生きる世界を見直すためのメッセージが込められています。
もっと人に優しくなれるかも。


P.S.
ザ・スクリプトというバンドの4月のライブのチケットを取りました!!
これまた楽しみだ!!


2008/11/23  23:59

世界の中の日本のフィットネスクラブ  diary

今日はなぜかかなり真面目な話をしてみましょう。
しかもかなりマニアックな。

日本のフィットネスって世界のどのへんを行ってるか知ってますか??

これってフィットネス業界で働いててもあまり知らないことですが。

まず、2007年のデータで見ていきましょう。

【直営クラブ数】では
1位 フィットネス・ファースト 英
2位 24アワーズ・フィットネス 米
3位 バリートータルフィットネス 米
4位 LAフィットネス 米
5位 コナミ・スポーツ 日



12位 セントラル・スポーツ 日

14位 ルネサンス 日


21位 ゴールドジム 米

という感じで、25位までデータがあるのですが、基本的にアメリカが多数を占めています。
1位のフィットネスファーストはイギリスだけでなく、ヨーロッパでフィットネス先進国のこのイギリスの大手はヨーロッパに多くのクラブを出しているので直営店が520もあるのでしょう。

24アワーはアメリカでは誰でも知ってますね。これはほとんどアメリカで、一部ヨーロッパに出ています。425店。

そんな中でコナミは直営で208店。でもコナミはフランチャイズも結構ありますからね。

ゴールドジムはこれはアメリカの本店の直営だけで、世界に多くあるものは日本も含めフランチャイズなんでここには含まれず、21位なんですね。フランチャイズは557もあります。

フランチャイズで言えばサーキットジムのカーブスが、えーっと、1万600店だそうです!!

わがルネサンスも世界で直営14位です!



見方はいろいろあって次に会員数を見てみましょう。
【会員数】
1位 カーブス 米 4百万人           
2位 24アワー・フィットネス 米 3百万人
2位 ゴールドジム 米 3百万人
3位 バリー・トータルフィットネス 米 2百万人
4位 フィットネス・ファースト 英 150万人



8位 コナミスポーツ 日 99万人



13位タイ セントラル・スポーツ 日 40万人


16位 ルネサンス 日 30万人


となっています。

これはさっきのフランチャイズの数がものを言っているようですね。
なのでカーブスは異常な数です。
しかもこの中で一番歴史が浅いし・・。

売上高でいうとまた違います。
【売上高】
1位 フィットネス・ファースト 英
2位 クラブ・コープ 米
3位 コナミ・スポーツ 日


8位 セントラル・スポーツ 日 
9位 ルネサンス 日

となっています。

これはアメリカに比べてフィットネスクラブの会費が日本、イギリスでは高いからです。
24アワーズは月会費が50ドルもあればいいですが(年会費の場合にはもっと割安)、日本は100ドルですからね。
まあその分、マシンをアメリカから輸入してくるのがものすごく高いので、コストがかかっているのですが。
イギリスも同じ。

ちなみにクラブ・コープというのはリゾート事業やカントリークラブを経営しているので売上げが高いようです。

こうして見ると日本のフィットネスくラブは結構世界の上位にいることがお分かりいただけますか?

国別で見るとアメリカがダントツ1位。イギリスと日本が並ぶか、ってところでしょうか。
ということは世界でもかなりのフィットネス先進国なんです。
スタジオレッスンなどはかなりレベル高いんですよ。

アジアでは日本以外に上記のデータの25位に入るものは全くありません。

ちなみに東京ではティップネスが若者向けなんで、有名ですが、日本全体では上の3社が上位で、ティップは上のデータに入っておりません。あくまで会社の大きさの問題だけですけどね。 

日本のフィットネスのポジションをわかっていただけましたか??

ちょっと堅苦しかったかな??



2008/11/22  23:18

もちろんGUNS N' ROSESですよ!  diary

今日はもちろんガンズ・アンド・ローゼス!!

クリックすると元のサイズで表示します

やっと発売です!

ファンは17年待ったんです!!17年!

アクセルの復活を!!
ヴォーカルのアクセル・ローズのことです。
クリックすると元のサイズで表示します

すでにリークしていたので7曲くらいは持っていて聞いていたんですけど、2年前から毎日のように聞いているのに、その音楽性の深さに飽きることがないんです!

昔のほうが好きと言う人からすると、激しいノリノリのものはないかもしれない。
さすがにアクセルも40半ばを迎えれば。

でもミュージシャンは、芸術家は常に新しいものを追求しないと!!

もともとリークしていたのと比べると、何曲かはピアノの音が強くなってますね。よりドラマチックになってるというか。

名曲ノーベンバーレインのときに思ったけど、この人は映画音楽のようなドラマ性のある曲を作るんですよね。一見激しいむちゃくちゃな感じに見えて。

僕はやっぱり
Better
Street of dreams
There was a time
Catcher in the rye
I.R.S.
Madagascar
This I love
Prostitute

が好きですねえ。
多すぎ!!??

だっていい曲ばっかりなんだもん!
Prostituteのどんどんどこまでも盛り上がっていくドラマチックなとこは最初から感動した。
This I loveは初めて聞いたんですが、ゾクゾクするバラード。
Betterは2年も聞いてますが、これも音楽的にものすごいねえ。リズムの刻み方、ドラマ、メロディ、深いです。

今日もこれを買うために、ルネの横のCDショプは11:30に開くので仕事が10:30だから間に合わない。なので、開店と同時に駅前のTSUTAYAに駆け込んで買いに行った!
で、ポスターもらった!
クリックすると元のサイズで表示します

で仕事が始まる直前まで休憩室で聞いていて、昼ご飯のときにまた聞いて、トレーニングのときにまた聞いて、帰ってきてご飯作ってるときに聞いて、ご飯食べてるときにテレビつけないで聞きながら歌詞カード見て、今またブログ書きながら聞いている!!
さっきは久々に家のコンポで大音量で聞きながら歌ってました!!コンポって言葉自体が久々。

たぶんここまでで「あんた、おかしいんじゃないの??」という人が大半でしょう。

これがすごいってことはもういきなり歴史になってるんです!!
この記事を読んでください。

2008年11月22日に世界同時発売となる、17年ぶりのオリジナル・スタジオ・アルバム『チャイニーズ・デモクラシー』のリリースを目前にした今、『チャイニーズ・デモクラシー』は世界中の各国にて2008年における最大の売り上げを誇るアルバムになるであろうと思われる。
世界最大のマーケットを誇るアメリカでは、初回出荷は200万枚を越え、既に2008年最大の初回出荷枚数となっているようだ。
もちろん初週売り上げでも2008年最大枚数を記録することだろう。初週売り上げ枚数で2008年で最も売れた作品は、リル・ウェイン『カーターIII』のおよそ100万枚だが、これを上回るのは間違いないだろう。
先のAC/DC『悪魔の氷(ブラックアイス)』の初週売り上げ枚数が78万枚という貫禄の記録をたたきつけたのは記憶に新しいが、17年ぶりのガンズ・パワーは未曾有の現象を生み出すことになるだろう。

さらにすごいのは、USでの新譜発売は火曜日となっており、米チャート「ビルボード」のウィークリーが月〜日集計となっているところ、『チャイニーズ・デモクラシー』は世界同時発売のため11月22日の土曜日リリースという事実。
集計期間の都合上2日間の売り上げでランキング計算に入るため、そこで1位獲得となれば、まさに奇跡的な出来事。『チャイニーズ・デモクラシー』のリリースという事実自体が、もはや暴発の様なものであると思えば、初動売り上げもまさしくビッグバンのような目のくらむような閃光的記録を刻むことだろう。


11月末発売で2008年の売上げのトップになるんですよ!たぶん世界中で!

音楽系の会社に勤める友人も、「初回出荷200万枚。北米の初回の売り上げは120万枚ぐらいいくでしょうか?(もし達成したら異常な数字です)。再来週のビルボードの結果が楽しみです。」
と言っている。

これは歴史です。
クリックすると元のサイズで表示します


話は変わりますが、知人のフラワー・アーティストである「bloom ブルーム」の下田千鶴が新宿伊勢丹6F催事場で行なわれている「フローラル・アート・コレクション」というプリザーブド・フラワーの展示会に参加しています。
クリックすると元のサイズで表示します

そのブルームはこんなプリザーブドを作っています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
催事場では販売も行なっていますので、ぜひお立ち寄りください!

クリスマス用の特別なプリザーブドも注文を受けているようです。

うちもこういうのいくつも飾ってあるんですよ。
月曜までですので、お急ぎ下さい!

明日日曜日14:00−15:00に下田千鶴がクリスマスリースを作る教室を行ないます。
クリックすると元のサイズで表示します
ご自分でクリスマスリースを作りたい方がいらっしゃいましたらこの機会にお出かけ下さい。
この時間帯にはブースには販売員がおりませんので、商品購入希望の方は上記以外の時間にブースまで起こし下さい。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ