2008/11/23  23:59

世界の中の日本のフィットネスクラブ  diary

今日はなぜかかなり真面目な話をしてみましょう。
しかもかなりマニアックな。

日本のフィットネスって世界のどのへんを行ってるか知ってますか??

これってフィットネス業界で働いててもあまり知らないことですが。

まず、2007年のデータで見ていきましょう。

【直営クラブ数】では
1位 フィットネス・ファースト 英
2位 24アワーズ・フィットネス 米
3位 バリートータルフィットネス 米
4位 LAフィットネス 米
5位 コナミ・スポーツ 日



12位 セントラル・スポーツ 日

14位 ルネサンス 日


21位 ゴールドジム 米

という感じで、25位までデータがあるのですが、基本的にアメリカが多数を占めています。
1位のフィットネスファーストはイギリスだけでなく、ヨーロッパでフィットネス先進国のこのイギリスの大手はヨーロッパに多くのクラブを出しているので直営店が520もあるのでしょう。

24アワーはアメリカでは誰でも知ってますね。これはほとんどアメリカで、一部ヨーロッパに出ています。425店。

そんな中でコナミは直営で208店。でもコナミはフランチャイズも結構ありますからね。

ゴールドジムはこれはアメリカの本店の直営だけで、世界に多くあるものは日本も含めフランチャイズなんでここには含まれず、21位なんですね。フランチャイズは557もあります。

フランチャイズで言えばサーキットジムのカーブスが、えーっと、1万600店だそうです!!

わがルネサンスも世界で直営14位です!



見方はいろいろあって次に会員数を見てみましょう。
【会員数】
1位 カーブス 米 4百万人           
2位 24アワー・フィットネス 米 3百万人
2位 ゴールドジム 米 3百万人
3位 バリー・トータルフィットネス 米 2百万人
4位 フィットネス・ファースト 英 150万人



8位 コナミスポーツ 日 99万人



13位タイ セントラル・スポーツ 日 40万人


16位 ルネサンス 日 30万人


となっています。

これはさっきのフランチャイズの数がものを言っているようですね。
なのでカーブスは異常な数です。
しかもこの中で一番歴史が浅いし・・。

売上高でいうとまた違います。
【売上高】
1位 フィットネス・ファースト 英
2位 クラブ・コープ 米
3位 コナミ・スポーツ 日


8位 セントラル・スポーツ 日 
9位 ルネサンス 日

となっています。

これはアメリカに比べてフィットネスクラブの会費が日本、イギリスでは高いからです。
24アワーズは月会費が50ドルもあればいいですが(年会費の場合にはもっと割安)、日本は100ドルですからね。
まあその分、マシンをアメリカから輸入してくるのがものすごく高いので、コストがかかっているのですが。
イギリスも同じ。

ちなみにクラブ・コープというのはリゾート事業やカントリークラブを経営しているので売上げが高いようです。

こうして見ると日本のフィットネスくラブは結構世界の上位にいることがお分かりいただけますか?

国別で見るとアメリカがダントツ1位。イギリスと日本が並ぶか、ってところでしょうか。
ということは世界でもかなりのフィットネス先進国なんです。
スタジオレッスンなどはかなりレベル高いんですよ。

アジアでは日本以外に上記のデータの25位に入るものは全くありません。

ちなみに東京ではティップネスが若者向けなんで、有名ですが、日本全体では上の3社が上位で、ティップは上のデータに入っておりません。あくまで会社の大きさの問題だけですけどね。 

日本のフィットネスのポジションをわかっていただけましたか??

ちょっと堅苦しかったかな??





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ