2008/12/12  23:57

ソルト(塩の)スタジオ  diary

先日、表参道にオープンする塩のスタジオ「ソルタジア表参道」というところを見学してきました。

場所は表参道ヒルズの近くの交番の裏にあるラルフローレン(だったかな?)のビルの地下と一等地で、すごいところにあります。

この日はまだオープン前の企業向け説明会で、スーツを着た男性ばかり。

まず、数分服を着たままで体験。

ここは言ってみれば一見サウナや岩盤浴のようなもので、数人が一緒に入る大き目の部屋と、少し地覚めの部屋、2人程度の小さな部屋がある。

そこに入ると、塩を特別に圧縮した六角形のタイルのようなものを敷き詰め、その隙間も塩で埋めてある、白くて半透明の部屋になっているのです。

塩で出来ているので、岩盤で問題になった菌の発生は一切ないそうです。

それが外側からヒーター?で暖めて、部屋は41度になるのです。
サウナほど暑くはないのですが、ジンワリ体を温める感じです。

この日は体験会なのでしょっちゅうドアが開いたりしてたので、そんなに暑くはならなかったのですが。

その半透明の床や壁の向こう側で青や紫のライトが川が流れるように点滅し、幻想的な音楽が流れてくる。

リラックスしながら体を暖めるとういうことですね。

ゆっくり体を温めるとヒートショックプロテインというたんぱく質が活性化されるそうで、冷え性が治りやすいとかいろいろいいことがあるそうです。
これは急に温まるサウナや熱いお風呂より、こっちほうがいいそうです。

えーっと、説明会で話を聞いてて思ったのですが・・・・筋トレもゆっくり温まるんでいいんじゃないでしょうか?

しかも、本当に体の内側から。
というより細胞の中心から、ミトコンドリアから温まるので、これものすごいいいんじゃないでしょうか?

このへんもっと科学的にいつかはっきりしてもらいましょう!






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ