2009/1/18  23:38

チェ 28歳の革命 だ!  映画

クリックすると元のサイズで表示します

おととい、チェ・ゲバラの映画「チェ 28歳の革命」を見に行った。

監督はオーシャンズなどのスティーブン・ソダバーグ。
かれはいろんな映画を作っていて、そのたびにテーマにとって一番いい撮影の仕方で撮影する。

今回も派手さはなく、コツコツと元医者でアルゼンチン人のチェ・ゲバラがどうやって革命家、ほとんどヒーローのような男になるまでをきちんと描いている。

ゆえに前半は展開が遅いので一見退屈におちいるのだが、そこにハリウッドっぽさはない。キューバ革命ゆえに。

でもゲバラが革命軍の些細な人間関係の問題や民主の命を大切にしているところなどを余すところなく描いていくことで、最後には彼がキューバの人、中南米の人にとってヒーローであることがものすごく納得できるのだ。

主演のベニチオ・デル・トロはこれまたすごい!

どう見てもゲバラ本人にしか見えない!!

彼の顔、体格、風格すべてがバッチリ!!
今の時代にゲバラを演じられるのはルックス、知名度、実力、人種からいって彼しか本当にいないと思った。

正直、ゲバラについては何となくしか知らなかったので、今回は勉強になりました。

そして最後には心に残る映画でした。

この映画は2部作です!
次も見に行きます!3週間後!!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ