2009/2/28  1:17

7つの贈り物 を見て。  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「7つの贈り物」です。

ウィル・スミス主演で、監督はかなり面白かった「幸せのちから」のガブリエレ・ムッチーノです。

映画は始まって1時間経っても、主人公とその他の登場人物の関係やストーリーが全く分からない。

終盤になってやっと分かってくる。

そして前作同様、ラストの1シーンが強く印象的だ。

そこがウィル・スミスの見せ場になる。

ところで原題は「seven pounds」で7ポンドという重さだ。

だけど映画の中でそれがどういう意味なのか全然分からない。

7人を助けるということで日本では「7つの贈り物」ってつけたのかなあって思ったけど、いくら数えても6人しか出てこない。
強いて言うなら事故で亡くなったと思われるのが7人と言うこと。

しかし7パウンドの意味は???

これはネットで調べてやっと分かった。

引用させてもらいます。

●この映画を観て、主人公(ウィル・スミス)が贈ったという7つが何かををすべて言える人はいないのではないか?弟の話に出てくるものを含めても僕は5つしか思い出せない。
だからという訳ではないが、「7つの贈り物」という邦題は内容をミスリードしていると思う。

●原題は「7POUNDS」なのだから、「7ポンド」(重さ。まさか英国通貨ではあるまい。)という意味になるが、映画の中で7ポンド(約3Kg)を意味するものは出てこない。
すると、「7POUNDS」は「7ポンド」という意味ではなく、「1ポンドを7つ」という意味だろう。
鑑賞中は分からなかったが、ストーリーに照らし、よくよく考えると、「1ポンド」の意味するものは、ベニスの商人のアントーニオがシャイロックに自分の胸の肉1ポンドを切り取らせることとなる話だ。
つまり「贖罪」(犠牲や代償を捧げることによって罪過をあがなうこと。)を意味し、それが「7つ」であるのは事故で死んだ7人に対するものであるからだ。



帰る途中で、聖書の中に7パウンドとか出てくるのか、とか、日本人には分からないけど西洋人なら誰でも知っているそういうことが絡んでるのかなあとは思ってたけど。

だから題名を変えたのかな。

ストーリーの疑問をちょっと引っ張りすぎた感があるけど、最後はググッときます!

クリックすると元のサイズで表示します

2009/2/26  23:47

ラヂオ出演  diary

テレビに出たインパクトにより?今度の月曜日にラヂオに出演することになりました!

テリー伊藤さんと林家たい平さんの「のってけラジオ」という番組で日本放送でAM1242です。

放送日時は3月2日月曜 13:00‐15:30の番組中15:10からの10分間です。

テリーさんと対面するのか!!??と思ったら、なぜかスタジオじゃなく、別な場所で遠隔で話をすることになっています。

一応インチャクの会社から連絡が来たので、インチャクの話をするんだと思うんですけど、1時間前の2時から打ち合わせなので、それまで何やるのかわからないんですよ!

前にラジオに出たときもそうだったけど、出演自体が3日前くらいに決定。向こうも中身はそれから練る、見たいな感じでもうギリギリ!

まあ、テレビでもそんなにギリギリなスケジュールなの?って感じなのでラジオはなおさらですかね?

しかしこれまたテリーさんっていうことで、どういう展開になるのか全く想像ができない!!

全部その場ですね。



さて、僕の家族もなぜかちょくちょくメディア?に登場していて、お母さんがママさんバレーの柔らかいボールで行なうソフトバレーで去年は全国優勝し、広島のほうの中国新聞の中の地方コーナーである備後版という1,2ページのところに写真入で登場した。

さらに甥っ子のコウスケがたまたまだが山から紙飛行機を飛ばすところがあって、そこで飛ばしている姿を写真に取られ備後版に載ったのだ。

そして今回・・・・
またお母さんが備後版に登場。

ちょっとこれは・・・あまりSEXYFITNESSな感じじゃないので迷ったのですが・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

公共の催しで「お笑いコース」と「南京玉すだれ」コースがあってその南京玉すだれコースに行って修了した人ってことで新聞に載ったみたい。

平和な街だ・・。

この玉すだれは近所の老後施設?で手伝いを現在しているので、そういった人たちに笑って楽しんでもらおうと始めたいから東京でそういう本とかセットを買って送ってくれと言われて、僕はハンズに行って買って送ったのです。

それからやっていたみたいで、今回はコースに申し込んで無事修了と。

もう、この写真でどれがお母さんかは明言しません!
ナイショ!

しかし下のお笑いのほうもすごいなこれは!

しかし安心したのはお母さんが玉すだれコースに行っている間にお父さんが「お笑いコース」に行って・・・という展開じゃなくてよかった・・・。




2009/2/26  0:10

ニューリッチという人達  diary

最近読み終わった本に「ニューリッチの王国」と言うものがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

これは同じ著者の「ニュリッチの世界」の第二弾というもので、僕は両方読みました。

ニューリッチというのは、昔ながらのお金持ち、すなわち財閥系や土地持ち、3代以上に渡ってリッチという人達ではなく、一代でビジネスを立ち上げた人、あるいは才能などによるタレントやスポーツ選手などのことで、その成り立ちと消費のあり方が違う人達のことです。

どのくらいからリッチと言うのかはいろいろあるのですが、この本で取り上げられているのはトップクラスのリッチな人達です。

そんなにリッチじゃなくても年収1千万以上でもリッチだとは思いますが。

この本に書いてるので驚いたのが資産1億円以上、家や株券、現金を合計して1億円以上の人が日本では1%いるそうです。

言い換えれば100人に1人がそれに当たるということに、僕は驚いた。

東京23区内だとこれは2人とか5人に増えるってことですか?


今回の本は前回の「ニューリッチの世界」ほど勉強にならなかった気がする。
こんなにすごいお金持ちがいるんです!という部分が多すぎた気がして。

僕はその消費動向を勉強したかったのですが。

前回のほうがそれをいろいろまとめていました。

ただ今回の本では例のエリカ様と結婚した高城さんのインタビューが一番新鮮に記憶に残っています。

あのひとはやっぱ凄いですね。普通じゃないです。

頭がいいのはもちろんだけど、数年前から物質的な生活を捨て、かなりのものを一気に処分したらしく、今はひとつの場所で生活しないことにしているそうで、それで砂漠のような場所や、何もない離島なども先進国の大都市と同じように訪れ、彼の感覚はまさしく地球規模なのです。

多くの豪華なものを持っているのがリッチじゃなくて、何にもとらわれず、自由にどこにでも行けて、それでもお金に困らないのが彼なりのリッチみたい。

だから世界で何が新しいか知っているし、そういう感覚が日本で企画会議みたいなものをしててオッサンたちに理解してもらえないことが多いそうで・・。

「そんなのはもう古い!」と20年くらい先を見ている。

あとアムウェイの会長?の話もガツンとくるものがありました。
彼の著作はアマゾンで注文しました。

もういつも読みたい本が多すぎて困ってます。

車の雑誌も読みたいしね!





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ