2009/2/16  23:49

フェイクシティ  映画

今日の映画は「フェイクシティ」です。

クリックすると元のサイズで表示します

原題は「STREET KINGS」です。
変えなくてもいいのにね。

キアヌーともう一人の主役フォレスト・ウィティカーが英語ではKINGと呼ばれるところがあるので、そのままのほうがいいんじゃないかと。

今回の映画は、男臭さいっぱいだけど、「ああ!よかったなあ!」というところまでは行かなかったかも。
全然悪くないんですよ。
でも新しさがなかったのかもしれない。

まあ新しくなくてもいいものもあるんですけど。

脚本、ストーリーは「LAコンフィデンシャル」の原作者でハードボイルドものと言えばこの人というジェームズ・エルロイだ。

たしかに彼らしい映画だと思う。

悪と善の間で揺れ動く主人公。
かといって最後に善になるわけでもなく、中間のグレーな部分だけど、少し善寄りのグレーな部分。

そこを描いた話だ。

多分フォレスト・ウィティカーが出てくると、善悪がつかない不透明な部分を持つ俳優なので、この人何かあるな、と思ってしまうので、それが予測できてしまうのがいけなかったのかもしれない。

ああ、やっぱり、となってしまう。

俳優が良すぎというか。

映画にはヒップホッパーのTHE GAMEも出ていますね。


まあ、キアヌーが出ているなら全部見ます。

好きな俳優のは全部見て、大作だけじゃなく、小さな映画や挑戦的な映画も見て、この俳優がどういう作品選びをして、どういう生き方をしているのかも見たいのです。

大作しかやらない俳優はすぐに落ちぶれるし。

なので全部見ます。

2月はアメリカで12月にアカデミー狙いで公開される内容の濃い映画が日本で公開されるのが多く、僕は忙しいです!


2009/2/16  1:22

レスラー  diary

今回アカデミーにノミネートされている映画で「レスラー」というのがあります

しばらく地早苗イガにちょこちょこ最近は「シンシティ」で復活したミッキー・ロークがものすごい熱演を見せていて主演男優にもノミネートされています。

もともとものすごい実力のある人で高校生のころだったかな「エンジェルハート」とか「ジョニーハンサム」とかは衝撃でしたね。

今回はあれ、本物??と思うくらいのロッキー顔負けの肉体を作って、レスラーを演じているのです。
もう60近いと思うのですが。
それは是非見て欲しいなあ!

それでいて渋い内容、渋い演技で主演男優賞はこの人がいるからブラピは取れないといわれています。

監督も大好きでダーレン・アレフノスキー。
「π パイ」で衝撃的なデビューをしました。

ノミネートされてなくても見たい映画です。


さて今日はルネサンスの飲み会でした。
2月の誕生日の人が祝われたのですが、その後にトレーナーの丸ちゃんとフロントのモッチーの漫才が始まった。
クリックすると元のサイズで表示します
写真が携帯なのでボケていますが、これが、、、、、、
モッチーがフロントスタッフの役で面白おかしく客を案内するという設定だったのだが、ネタが面白いのか面白くないのか良くわからず、モッチーは時々柱に隠れるし、ネタが長いし、いつ終わったのかわからないというものだった。。。。。

正直ビミョーな感じだったんだけど、おかしかったのはマネージャーの山田さん。

2人が漫才をしている間じゅう、渋〜い顔でニコリともせずまったく笑っていない!!
これを君嶋が「あれ見て!マネージャーが面白くななそうな渋い顔してる」というので見るとホントにそうで、2人が一生懸命やっているのと対象に全く笑わないのがおかしくておかしくて、こっちで4人くらいで大笑いしてた。そのギャップに・・・。
涙が出てきた。
クリックすると元のサイズで表示します
漫才をしてた2人はそれさえも全く知らないが・・・。

そんなおもしろい飲み会でした。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ