2009/2/21  23:24

メリハリを作るコツ  ダイエット・体作り

もう1ヶ月まえに撮影したテレビ番組がいよいよ放送ですか。

でも明日のその時間はパーソナルトレーニング中だなあ。

ジム内にテレビがいくつもあるけど、見てられないし。

たぶん、自分が見てないのに、おば様方に「見たよー!」って先に言われるんだろうなあ。

どうなっているのか???




さて、今日もこんな話になったのですが、メリハリを作る効果的な方法。

これは簡単なことなんですがウエイトトレーニングをすることです。

女性の多くはジムに来ても有酸素運動、ランニングマシンやスタジオのエアロビクスなどで終わってしまう。
もしくはヨガ。

ところが、有酸素運動だけを行なっているだけでは、正直なかなか体脂肪も減らないし、メリハリもでない。

そこそこの体脂肪率だとしても、背中が緩いのです。

現代の生活では背中を丸めて長時間生活することが多く、背中はまるく、筋肉は弛緩し、ほんのりと体脂肪が乗って緩くなっているのです。

それは目に見えてしまうんですよね。

メリハリってお腹のクビレや二の腕のメリハリだけじゃなくて、横から見たヒップはもちろん、背中の筋肉のひとつひとつが軽くオウトツがあるということです。

そういいうのは筋トレをすれば手に入るのになかなか女性に理解されていない。
トレーニングをしない人が多い。

ちなみに体脂肪を落とすのも筋トレを同時に行なうほうが落ちやすいのです。

これも理解されていないのですが、筋トレは筋肉をつけるというだけでなく(これが女性に嫌われるのですが)、代謝を上げる。

筋トレをした直後は代謝を上げるホルモンがドーンと分泌されるのです。

そして有酸素とあわせて運動すれば、効果倍増なわけです。

これが実際には大きな違いになってくるのです。


過去20年以上日本でも世界でも筋トレをする人口は増え続けています。
それはこれをすると体が変わるということを知った人がさらに続け、増え続けているということです。

美容としての見た目の変化のためだけでなく、体内の状態を何もしない状態より10歳以上、20歳でも若く保つことが出来るウエイトトレーニング。
これを行なうことで肌も綺麗になる。

そんな無限に効果の高い手段だから僕も20年???も行なっているわけだし、真剣に本気で勧めているのです。

これはもう僕にとって仕事と言うより布教活動に近いミッションだと思っています。

日本中のどれだけ多くの人たちを動かし、運動してもらうことができるか!

今後も活動をレベルアップしていきます!

まだ始めてない人は今すぐ始めましょう!






2009/2/21  0:12

チェンジリング  映画

クリックすると元のサイズで表示します

「チェンジリング」です。

ご存知アンジェリーナ・ジョリー主演の映画です。

アンジーがいるのもあるし、監督がクリント・イーストウッドだから見たいというのが理由です。

最近は名監督のほうで名前が通っている感じですね。
近々本人が主演の監督作もありますね。

さて今回の映画は本当にアンジーがやりたかった映画だったんだろうなあと推測されます。

主人公は行方不明の子供の帰りを強く願う母親。
そして1928年あたりの時代という女性の権利が認められていない時代に腐敗したLAPD(ロサンゼルス警察)を相手に世の中に大きな動きを起こす強い女性。
子供を守るために行動した強い母親。

これって今のアンジーそのままじゃない?

映画って、監督がいきなり俳優を指名する場合もあれば、脚本が有力なエージェントに出回って、それを読んだ俳優が希望する場合、たまたま脚本を読んだ俳優が熱望して有名俳優でもオーディションして役を手に入れる場合といろいろある。

いずれにせよアンジーがこれを手にしたとき、かなり熱く熱望したことだろう。

演技をする場合、リサーチして実在の役や職業に入り込んでいったり、頭の中でイマジネーションを沸かしたり、近い感情を擬似的に当てはめて演じることがある。

今回は撮影直前に亡くなった母親をイメージしたらしく、ブラピも「お母さんがそこにいるようだった」と言っているそうだ。

それとあれだけ子供を愛しているアンジーだから、子供がいなくなったらどういう感情やリアクションをするのかは、苦しいくらいに分かるだろうし、逆に入り込みやすかっただろう。

オスカーにノミネートされていますね!

イーストウッドの映画は、ありきたりの構造をしていない。

通常はニセの子供だったのは警察のミスを隠すためのことだった・・・で終わるところだが、彼の映画は必ずその普通のエンディングから30分くらい続く。

そこが彼らしい映画であり、心に深く残るところだ。

70を超えて、尚「見たい!」と思う映画を連発するイーストウッドはすごいです!

いい映画です!




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ