2009/3/28  0:01

ジム・キャリーのイエスマンです!  映画

今日はジム・キャリーの「イエスマン」を見ました!!


この映画はそのコンセプトに惹かれました。

何かにつけて「やらない理由」を見つけて行動しない、人の誘いに乗らない。

そんな男が自己啓発セミナーで全てにイエス!という言うことを誓って以来、人生が回り始めるという話。

こういう内容って、世界のどこでも自分に置き換えて考えてしまう内容だし、心のどこかにそうありたいと思っていたりするもの。

そういう観点でテーマを持ってくるハリウッド映画って、そういうところが凄いと思う。

日本人しか理解できない映画とかでは他の国の人は、やっぱり見たいとは思わなかったりする。

でもこのイエスマンは世界中で興味をそそるはずだ。

目の前にある選択、誘われることに「イエス」と答えていくことで人生が変わっていく。

僕はこの考え方が好きだなあ!

映画では最後には全てすぐにイエスと言えというわけじゃなく、考えてイエスと言う事、ノーという選択肢もあるという結論になるのだが、そのへんは正直どうでもよくて、そういうことを考えさせてくれる映画だったということが、嬉しいところだ。

ジム・キャリーはこの映画では全てのアクションを行なっているそうだ。

バンジージャンプするシーンもあるのだが、それも自分でやっている。

それはこの内容の映画をやるのに、「ノー!とは言えない。この映画に関わるなら自分にも影響があった。そういう映画にしたい」ということだそうだ。

人生の深い部分を描いた映画だが、ジム。キャリーなのでこれが笑えるんです。
面白かった!!!

面白いながらも「これからの人生の選択肢が目の前にぶら下がったとき、イエス!って言ってみよう!」と思わせる映画だった。

見て欲しいなあ!!


明日は僕の「イエス」の歴史を紹介します。
僕も「イエス」で人生が変わったことがあるのです。

皆さんの「イエスで人生が変わった」ストーリーを教えて下さい!
よかったらブログで紹介させてください!!



      イエスマン・ストーリーはこちらへ!!!

carbocyclediet@aol.com















2009/3/27  0:02

胸に響く言葉  diary

最近はこういう本を読みました。

クリックすると元のサイズで表示します

「お金の哲学」という本で、この中島薫さんという男性ですが、アムウェイのトップ?です。

最初は他の本にこの人の話が載っており、それ自体が凄く印象的だったので、著書を読んでみたくなったのだ。

そこに書いてあったことも気になったのだが、アムウェイのトップにまでなる人物の考え方とはどんなものなのか?と言うのも知りたくなったのです。

凄い人のことは知りたくなる性分で。

お金のことを書いてあるといっても、お金儲けの話ではなく、実際にもすごいお金を持っている中島さんのお金に対する考え方や「お金をもうけようと考えるのではなく、どれだけ多くの人に喜んでもらったかの対価である」という考え方などを知りたかったのです。


そのほかに記憶に残る言葉としては、、、

どのレベルであっても「お金がない、足りない」と思っているのは、そうありたいのに、まだ生き方がたりない。と言うことだ。

というところ。

確かに、もっとお金があったらいいのにとか、もっと好きに買い物できるようになりたいのにと思いながらも足りないのはそれに見合った努力が足りないからに過ぎない。

そのための努力を自分がしていないんじゃないのか?

ということです。

これにはガツンとやられました。

それはいうまでもなく、他人や社会のせいではなく、自分のせい。

だから自分ががんばって行動を起こしていけばなれるということ。

もちろんお金がたくさんなきゃいけないってことではなく、自分が望むレベルと釣り合いが取れていればいいわけです。


なんか一層頑張る気持ちになりました。

他にもいい言葉や話があるのですが、また後日紹介します。





2009/3/25  23:29

ガンズ・アンド・ローゼスに新ギタリスト!  diary

まずはスタローン。

新作「エクスペンダブルズ」のキャスティングがコロコロ変わっているようだ。

シルヴェスター・スタローン監督・主演のアクション映画『ジ・エクスペンダブルズ』(原題)でまたキャスティング変更があったようだ。

先日、オスカー俳優フォレスト・ウィッテカーが降板して歌手の50セントにキャスティングが変更になったことをスタローン自らがファンに伝えたが、50セントから別の俳優に変更になったようだ。

 アメリカの映画サイトAin't It Cool Newsが、50セントからテリー・クルーズにキャスティングが変更されたとスタローンから連絡があったと伝えた。

テリー・クルーズは、最近では大ヒット映画『ゲット スマート』でおばかで筋肉フェチのエージェント91を好演していた俳優で、期待作映画『ターミネーター4』にも出演している。

50セントの降板理由は明らかにされていないが、テリーは50セントの代わりに最強チーム「エクスペンダブル」の黒人メンバーのヘイル・シーザーを演じる。

物語は、独裁者政権を崩壊させようと南アフリカの国に潜入した最強チーム「エクスペンダブル」の活躍を描くアクションで、ジェット・リー、ジェイソン・ステイサム、ミッキー・ローク、ドルフ・ラングレン、エリック・ロバーツ、ランディ・クートゥア、カリスマ・カーペンターが出演する。



実力はフォレスト・ウィティカーが一番だと思うけどなあ。

ノっているミッキー・ロークがランボー5にも出演するのは嬉しい!


そしてガンズ・アンド・ローゼスがなんとギタリストが変わったらしい!!


この夏、噂されているガンズ・アンドローゼズのツアーに、モトリー・クルーのニッキー・シックスのサイド・プロジェクトSixx:A.M.などで活躍するギタリスト、DJアシュバの参加が決まった。

フロントマンのアクセル・ローズは週末(3月21日)、バンドのオフィシャル・サイト(web.gunsnroses.com)に以下のような声明を発表した。「DJは才能がありエネルギッシュなギタリストで、GNRは彼が参加してくれるのを誇らしく思っている!一緒にプレイできることに興奮している。ガンズのレーダー(探知機)は、静かながらもここしばらくDJの存在に気づいていた」

アシュバがガンズ・アンド・ローゼズのライヴにフレッシュなアプローチをもたらしてくれるだろうと期待している。

アシュバも「ずっと愛し、リスペクトしてきたバンドに参加できるなんて名誉なことだ。アクセルと一緒に仕事するのを楽しみにしている。彼は、俺たちのジェネレーションの数少ない偉大なフロントマンのひとりというだけでなく、本物のアーティストである」との声明を発表している。

アシュバは、ナイン・インチ・ネイルズにリジョインしたロビン・フィックの後継者となる。

ガンズ・アンド・ローゼズはこの夏、北米にてスタジアム・ツアーをスタートするとみられている。アシュバの参加が決まったことにより、その準備にも拍車がかかることだろう。ツアーはその後、世界規模に広がるのではないかと期待されている。


ツアーの噂は知っていたが、ここでギターが変わるって、逆に不安も・・。

ずっと長くやっていたバケットヘッドからレコーディング時にはロビン・フィンクで、ツアーには新しい人???

ころころ変わると誰でも同じなのか?っていう不安にも駆られる。

今読んでいるガンズの写真集に書いてあるように、今までの曲はアクセルだけでなく、全員が一緒に作曲していったものが多く、それぞれの才能が掛け合わされた形で最高のものが産まれたので、そういう関係であって欲しいね。

DJアシュバがそれならいいけど!




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ