2009/3/28  23:10

ユウジのイエス  人生

さて昨日の映画「イエスマン」の続きで、僕のイエスと言って人生が変わったイエスを紹介してみたいと思います。

記憶にある大きなものは2つ。

19歳のときにアルバイトしてたスポーツクラブの先輩でボディビルダー2人とお客さんボディビルダーのおじさんが

「今度ロサンゼルスに行くんだけど、一緒に行かない?
 お前英語学科なんだろ?俺達全然話せないからカタコトでも一緒にいてくれると助かるんだよ。」

とロサンゼルス旅行に誘われた。

ちなみに今から19年前。

正直時代が違います。

インターネットがないので海外って本当に何も分からない。

まだHISもなく(多分)、格安航空券が今のように安くない。

当時まだ発展途上だった韓国の大韓航空でさえ往復10万円。それが一番安かった。
今は大韓で4万ですよ!

なのであまりまわりに海外旅行に行った人が今ほど多くなかった。

僕は19歳だし、田舎出身で18歳まで外国人に会ったことがない純朴な少年です。

3万5千円の風呂なしアパートに住む身分なので、お金はない。

でも誘われたことに、特に拒否する気持ちはなく、「どれくらいお金はかかるんですかね?」と聞いた。

その航空料金と、宿泊は知人に頼んでほとんどモーテルでものすごい安かった。
実際あとでLAに住むようになって分かったが本当にモーテルで日本人観光客が泊まるようなところじゃなかったな。

しばらく考えて、いくまでに数ヶ月あるので、今からお金貯めます!

と言っていくことを決定!

これが最初のイエス。

このときははじめての海外旅行。初めてのアメリカ。

多くのことを見て体験した。

みんなは毎日ゴールドジムに行くというので、「僕は毎日はいいです」と言って一人でユニバーサルスタジオへ。そしてサンタモニカビーチへ。

それがその後、翌年に別の先輩を僕が誘って2人でまたLAに!

そしてその後LAへ2年の留学。
これまた数多くのことを経験した。信じられないくらいに多くのことを。

あのときイエスと言って行ったから、僕は英語を話せるようになっただけでなく、性格も変わった気がする。考え方というか。

人間形成に大きく影響を与えた。

あのときの「イエス」で。

それこそ1回のイエスでどんどん人生が回っていった。
何年もかけて。

それは本当に良かったと思うし、誘ってくれたことに感謝している。



明日は2つ目のイエス。
驚きです!!





2009/3/28  0:01

ジム・キャリーのイエスマンです!  映画

今日はジム・キャリーの「イエスマン」を見ました!!


この映画はそのコンセプトに惹かれました。

何かにつけて「やらない理由」を見つけて行動しない、人の誘いに乗らない。

そんな男が自己啓発セミナーで全てにイエス!という言うことを誓って以来、人生が回り始めるという話。

こういう内容って、世界のどこでも自分に置き換えて考えてしまう内容だし、心のどこかにそうありたいと思っていたりするもの。

そういう観点でテーマを持ってくるハリウッド映画って、そういうところが凄いと思う。

日本人しか理解できない映画とかでは他の国の人は、やっぱり見たいとは思わなかったりする。

でもこのイエスマンは世界中で興味をそそるはずだ。

目の前にある選択、誘われることに「イエス」と答えていくことで人生が変わっていく。

僕はこの考え方が好きだなあ!

映画では最後には全てすぐにイエスと言えというわけじゃなく、考えてイエスと言う事、ノーという選択肢もあるという結論になるのだが、そのへんは正直どうでもよくて、そういうことを考えさせてくれる映画だったということが、嬉しいところだ。

ジム・キャリーはこの映画では全てのアクションを行なっているそうだ。

バンジージャンプするシーンもあるのだが、それも自分でやっている。

それはこの内容の映画をやるのに、「ノー!とは言えない。この映画に関わるなら自分にも影響があった。そういう映画にしたい」ということだそうだ。

人生の深い部分を描いた映画だが、ジム。キャリーなのでこれが笑えるんです。
面白かった!!!

面白いながらも「これからの人生の選択肢が目の前にぶら下がったとき、イエス!って言ってみよう!」と思わせる映画だった。

見て欲しいなあ!!


明日は僕の「イエス」の歴史を紹介します。
僕も「イエス」で人生が変わったことがあるのです。

皆さんの「イエスで人生が変わった」ストーリーを教えて下さい!
よかったらブログで紹介させてください!!



      イエスマン・ストーリーはこちらへ!!!

carbocyclediet@aol.com

















teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ