2009/5/4  23:16

ようやくスラムドッグ・ミリオネアだ!  映画

ようやく見ました!!

スラムドッグ・ミリオネア!

クリックすると元のサイズで表示します

僕がこのオスカー作品を3週間も見てなかったなんて・・・・。

他にも「ミルク」「バーン・アフター・リーディング」「グラントリノ」と心残りにしたくない作品をまだ見てないですが、まずはミリオネアです!

はっきり言いましょう!

これはやはり2008年の最高傑作です!!!

さらに言うなら監督のダニーボイルは自身の傑作「トレイン・スポッティング」を完全に超えたと言える!!

あの映画の後の「ザ・ビーチ」はマニアからはトレインに比べると普通すぎて評価が低かった。

その後も「28日後」などでも十分な実力を見せてきたが、今回は爆発したねえ。

こんなアカデミー賞らしくない映画がオスカーをとったのは時代の変化もあるかもしれないけど、それだけこの映画のもつ情熱が、ドラマがすごかった!

ストーリーは大体知っていると思うので省略しますが、ダニーボイルがインドを訪れたとき、その混沌とした感じ、「生」のすべてがそこにある感じは、これは映画にしなくちゃいけない!と思ったそうです。

ガンジス川は洗濯も赤ん坊を風呂に入れるのも、死体を火葬し、その灰を流すのものも同じ水でするという不思議な川。

その川にはまさに「生」がすべて詰まっているのです。

そんな有様を象徴したのが、ファイナル・クエスチョンのファイナルアンサーを答えた瞬間に描かれています。

うまいなあ。

僕はあの瞬間から数分涙が止まらなかったなあ。。。

あれだけ過酷な中で生き抜いて、その先にあるもの。

これはインドでないと描けません。
もし監督の国イギリスを舞台にしたら綺麗な話になっちゃって、こんなの心をえぐるような感動はなかったと思う。

それを無名の俳優のみであそこまで魅せるんですから!

この映画は「運命」という言葉で始まり、「運命」で終りますが、ここで教えてくれるのは、

『運命は存在する。しかし運命とは放っておいてもなる結果という意味ではなくて、生きて生きて生きて、その上で心の中に自然と起きる情熱が自分を動かすことそれ自体が運命であり、その結果が運命である』

ということです。

この運命の捉え方が僕は好きだなあ。

今までは「ターミネータ2」であった「運命は自分で作る」という言葉が好きで、放っておいても得られる運命みたいなニュアンスは好きではなかった。

しかしこの映画を見て新しい運命のあり方に目が覚めた思いだった。

いや〜、映画ってホンっとうにいいもんですねえ!!!
(古ッ!)




2009/5/4  0:41

S君ジムへ!  diary

なんとS君がジムへ行ったそうです!

会社の後輩はサーファーですが何でもパドリング?の為、肩を強化したいらしい。

今日なんかはヒマだし一緒に定時上りで市の体育館のジムへ!

市内在住は2時間で140円。
安!

クリックすると元のサイズで表示します
マシンは4つ。
フリーウエイト中心。
ダンベルがたくさん!
何をしていいか全くわからん!

とりあえずいつもやってるサーキットの動きに重さを付けました。
お尻を突き出すスクワット。
重量が分らないからプレートは60kg。
バーは何kgかなぁ?わからん。

ベンチプレスは20kgで
クランチは10kgのプレートを頭の後ろで持つ
ダンベルは適当に
10回×3回で。
チンニング?は5回ぐらいしか出来ない

結構効きました。

クリックすると元のサイズで表示します

勝手が分らず明らかに体つきが凄い人を見て参考にしようと見ていたが、
ずーと足のマシン類を黙々とやってました。

今後は家で頑張ります。
バーベルは怖いわ。


今日は89.6kg
食事後だから自分的には順調かなぁ?

ロックンロール


Yは大丈夫そうで、何より。
治療に頑張って欲しいの。



S君も先日のYと同級生です。

しかしジムへ行ったのは進歩ですねえ!

これは大きなステップです!

実際にはなかなかジムに行く時間がなかなかないと思うので今後は?というと難しいと思うけど、まず行ってみた!ってのがいいね。

誘われたといえども少なくとも興味があるってことだね!

うちの近くの駒沢オリンピック公園の体育館は2時間で450円。
料金違うなあ。。

駒沢はマシンも結構あるけどね。

重さはこれは、このプレートをつけて60kgだと思う。

あとはどのくらい下まで下ろしたか?だね。
ももが水平まで下ろして1回としてね。

スクワットも他の運動も重さを上げて半分しか下ろさないというよりも重さを軽くしても深く筋肉を伸ばしたほうが効果があります。

もともと筋力はあるほうなんだからジムに行ってそういうの使ったほうが効果上がると思うよ。

2週間に1回でも行って、それ以外は家でもいいし。

絶対ベンチプレスもきちんと続けていけば100kgいけると思うよ!

今度月曜に一緒に行ってあげるよ!


そうそう。
今度の正月、田舎で大きな同窓会があるんだって!




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ