2009/5/7  23:59

グラントリノ主題歌  diary

結局昨日、ブログを書いた後に、グラントリノの主題歌をi-tune storeで1曲だけ買いました。
↑クリックすると聞けます。


いつも朝はイケイケのガンズとかで気持ちを盛り上げて出勤するのですが、今日はゆっくりとしたグラントリノの主題歌でリラックスモードで出かけました。

静かな朝って感じで。

なんかあの映画の雰囲気にまだ浸っていたくて。

あの老人が最後にこの世に残したものを感じながら。。。。


昨日はそれと同時に以前見て強烈に心に残ったショーンペン監督の「イントゥ・ザ・ワイルド」の主題歌も買いました。

これも映画の情緒を醸し出すのにすごい役割をしている曲です。

通常ではなかなか買わないタイプの曲なんでこういうときに買ってみないとね。


そうそう、この前見た「スラムドッグ・ミリオネア」の主人公の2人。
実際に今付き合ってるんだって!!!!

えーー!!!あの可愛い子がぁぁあ??って言っちゃだめ??

今は2人とも有名になっちゃたからね。


渡辺謙のグッドニュースも!

「バットマン・ビギンズ」「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン監督がワーナー・ブラザースで手がけるSFスリラー「インセプション(Inception)」に、日本人俳優・渡辺謙の出演が決定した。

 米ハリウッド・レポーター誌によると、同作はノーラン監督直筆による深層心理を掘り下げたSFスリラー。ピーター・カルーザースという認知心理学者が提唱している“The Architecture of the Mind(心のアーキテクチャー)”の内部を舞台にしたスリラーで、レオナルド・ディカプリオ演じるCEOタイプの実業家が主人公の物語。「バットマン・ビギンズ」の敵役“ラーズ・アル・グール”役以来のノーラン監督作出演となる渡辺は、その主人公を脅迫する悪役に抜擢され、すでにワーナーとサインしたという。

 また、「レイヤー・ケーキ」「ロックンローラ」の英国人俳優トム・ハーディも、ディカプリオ演じる主人公のチーム側として出演することも決まった。

 同作では上記3人以外に、ジョゼフ・ゴードン=レビット(「BRICK ブリック」)、エレン・ペイジ(「JUNO/ジュノ」)、マリオン・コティヤール(「エディット・ピアフ/愛の讃歌」)、「バットマン」シリーズから“スケアクロウ”役のキリアン・マーフィ、執事アルフレッド・ペニーワース役のマイケル・ケインも出演する。

 「ラスト・サムライ」「バットマン・ビギンズ」「SAYURI」「硫黄島からの手紙」といったハリウッド映画に出演してきた渡辺は、2010年公開を目指す同作へは今夏撮影に入る。また、ジョン・キューザック、コン・リー共演の1940年代上海を舞台にしたスリラー「シャンハイ」(ミカエル・ハフストローム監督、09年公開)、ウィレム・デフォーらと共演のファンタジー小説「ダレン・シャン」シリーズの映画化「シラノ・ド・フリーク」(ポール・ワイツ監督、10年公開)の公開を控えている。



僕にとってノーランは「メメント」の名監督。

その映画にディカプリオと出るなんてすごいね!!




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ