2009/5/16  23:15

その後のスラムドッグ・ミリオネア  映画

先日スラムドッグ・ミリオネアが凄くいい映画で、感動した話を書きましたが、この映画には後日談があります。

主役の青年とヒロインの女の子は現在実際に付き合っているんだそうです!!

まあ、ブラピとアンジーもそうなので、そういうことはよくありますが。

あの映画以降も映画に出ているようです。


もうひとつがすごい!インドって、本当に分からない。。。。

兄弟の年時代を演じた10歳くらいの男の子2人。

彼らは3月にはハリウッドに来て、アカデミー賞の会場にも行ったのですが、なんとお兄さん役のほうの子は本当にスラム出身なのだそうです。

そんな中から映画に抜擢されたのですが、驚くことにその後もスラムに住んでいるのです!!!

よく分からない。

あれだけの映画に出れば、いくら無名の子供といえど、イギリス、アメリカの資本で撮影された映画。
登場時間も30分はあるだろうか。

無名でも数百万円はあるだろうし、これが実際の俳優なら数千万円はあってもいい。

あるはず。どうなっているのか??

そのときのギャラはともかく、あれだけの役ならその後自国のテレビなどで引っ張りだこになってもいいもんだが、その辺はどうなっているんだろう???

他の国なら、生活は変わっている。

元々俳優じゃないから、違うのかも知れないけど。

ここからが、2日前にニュースで見たことなのですが、なんとその子が住んでいるスラムを政府が住人に何の了承もなく、取り壊しを始めたのです!!

一方的に行なって、住人は住むところもなくなっているらしいのですが、テレビカメラの前でその少年が叫んでいるのです。

「僕は映画で有名になったけど、カーストがなかったら(今の身分じゃなかったら)こんなことにはならなかったのに!!!」

取り壊されているスラムの前で叫んでいるのです。映画そのまんまの感じで。

これを見たときには本当にビックリしました。

例えばハリウッド映画に出た菊池凛子はあれ以来世界中の映画に出ている。

それがオスカー映画に出たのに、これ?????

インドってどうなっているんだろう??

それで彼はどうなるの???

この映像は監督のダニー・ボイルもどこかで見るはずだけど、どうするんだろう?
でもどうにもできないのかも。

IT大国というのに、それは一部だけということですかね。

今頃、そしてこれから彼はどうなるのでしょう??





2009/5/16  0:42

今話題の甲冑パンツ!  diary

僕は大学時代に戦国マニアでした。

当時は100冊以上の戦国ものの小説、資料などを読み、バイクに乗ってたので、日本中をテントを持って、だいたい一人で戦国武将の足跡を追いかけていました。

中部地方は3回行き、関が原をしらみつぶしに、名古屋城、小牧城、清洲城、桶狭間、シズガダケ、安土城跡、岐阜城など様々なところに。

九州も熊本城、秀吉が朝鮮出兵のときの陣地にした北九州の跡地なども。

今流行の直江兼続も僕はマンガの「華の慶次」の原作「一夢庵風流記」を読み、それ以外の資料も図書館で読んで、彼の出身の新潟・直江津に行ったり、最後にいた米沢も行きました。

本当は前田慶次郎を追いかけて行ったんだけど。

米澤の城跡の資料館で兼続の「愛」の前立てのついた鎧兜を見たのはもう16年前。
感動しました。

そのときに兼続のお墓も訪れたのです。
少しはなれた寺にあるのです。

そこには大きな墓石があって、もう彼のお墓のためのお寺と言ってもいいくらいで、それ以外にお墓はない(と思う)。

掲示板にあった言葉は彼の言葉だろうか。今も覚えている。

「一言で愛が生まれ、一言で愛を失う。一言の重み。」

彼は無口な男でそれだけに話す言葉に重みがあったようです。

僕はそのお墓の前で30分以上も座り込んで400年の時を感じていた。・・・一人で・・・。

もちろんその近くの資料館で前田慶次郎の本物の鎧も見ましたよ!!!

憧れの人だっただけにその真っ赤な鎧を見たときには、膝に力が抜けて、膝をついてしまいました・・・。

僕は憧れるひとをとことん追いかける癖があるんですね。

それでこういう体になったわけですが。

そんな戦国ファンに今人気なのがこの甲冑パンツ!!!


ほ、、欲しい!!!

これを履けば、もっと重いスクワットができるぞ!!!

ところが・・・僕は筋肉が熱を持って暑くて暑くて、極力熱が篭らないように、ビキニパンツで動脈を塞がないで、短いトレーニングパンツでやらないとダメなんですよ・・・

これビキニタイプ出してくれませんかね??


また戦国の旅に出たい。







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ