2009/5/18  22:22

MILK  映画

今日は何故かよく寝ました。疲れてはいたんですが。

8時間半くらい。

でもいつも疲れれても早く目が覚めてしまうんですが。
今までで最高かも?

僕は寝不足や徹夜は絶対にダメなほうで、かといって、いっぱい寝ることもないんです。

昔富士山に、ほぼ徹夜に近い形で登って、疲れきったときも8時間半で起きましたが、今回はそれに並びました。

おかげで体の隅まで疲れがありませんでした。
そんな日にトレーニングしたかったな。

さて、今日は「MILK」ミルクです。
クリックすると元のサイズで表示します

実在の人物ハーヴェイ・ミルクを栄がいた映画で初めてゲイで公職についたひとで、世の中に影響を与えた人です。

この映画を見たかった理由は監督と主演。

監督はガス・ヴァン・サントで「グッドウィルハンティング」やその他多くの意欲的な作品を撮っていて、近年はほとんど見ています。

尊敬に値する監督です。

主演は主演男優賞でオスカーを取ったショーン・ペン!!!

この人の映画はこれまた全部見ています。

やっぱすごい俳優です。

今回も上げた腕の微妙な手首の捻りの角度などでもゲイをうまく演じていて、脱帽です。

共演もイケメンで実力派の若手がゾクゾク!

ショーン・ペン監督のイン・トゥ・ザ・ワイルドで主役に抜擢されたエミール・ハーシュ(写真左上)がダサい男ゲイで登場している。
ショーンの推薦か?

そしてスパイダーマンの悪役同級生を演じているジェームス・フランコ。(写真右上)
彼のデビューはアメリカのTVシリーズのジェームス・ディーン物語りだけにかなりかっこいいです!
演技もOK!!
彼もゲイ役。

メキシコ人若手俳優としてガエル・ガルシア・ベルナールが有名ですが、彼の友人でよく一緒に映画に出ているディエゴ・ルナも!!!(写真左下2人目)

彼も結構なイケメンですが、今回は彼もゲイ役。

ジェームズ・フランコもディエゴもショーン・ペンと何回もキスします!!!
ベッドシーンあり!

もうこのあたりだけでゲイの人たちが見そうな映画??

さらにここのところ実力派で急上昇中のジョッシュ・ブローリン!(写真左下)
イケメンではないですが、今公開中のブッシュを演じていたり、去年は「ノー・カントリー」の追いかけられる男を演じていたり、主演レベルが多くなってきました。

いい俳優ぞろいなので、見ごたえありますよ!

それとガス・ヴァン・サントは「エレファント」では高校生銃乱射事件の高校生を主人公にその過程と原因を追った。

「ラストデイズ」ではニルヴァーナのヴォーカルの死の前7日間を追った。

今回も暗殺されるのだが、政治家や有名人の暗殺の場合、いかにもというより、その人が?みたいな人が犯人だったりする。

今回も。JFKなんかもそうですよね。

そんな監督ならではの視点も(事実?)盛り込まれています。

しかし公開されて1ヶ月も行けなかったので、もう公開縮小が始まっててびっくり。

まだ見たいのが3本たまってます。。。。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ