2009/6/12  23:54

白湯ダイエット  diary

今「白湯ダイエット」というのが流行りだそうで・・・

聞いたような、そんな気もする。

内容は・・


温かいお湯を飲むことにより、体は冷えが除かれ体温が上がる。
これにより体内の血行が良くなり、基礎代謝もアップ。

つまり、脂肪燃焼の効率が良い体になる。

また、食事中に白湯を飲むと、内臓機能が温められて消化を促進。その結果、余分な毒素が排出される体の機能が正常に働く。
さらに、体内の水分量が調整されるため便秘の改善にも。

つまり「白湯ダイエット」は、白湯を飲むだけで“温め”“流す”という2つのダイエット効果を得て、痩せやすい体質にどんどん近づくことができるのだ。
準備するものは白湯だけという手軽さも嬉しい。

「白湯ダイエット」で飲むのは、体温より少し高い程度の白湯(夏場は常温でも可)。一度沸騰させてから冷ました湯を飲む。

これは、インドの「アーユルヴェーダ」の考えに基づくもので、水に火を加え、さらに沸騰で空気を加えることでエネルギーが取り込まれ、バランスの取れた湯ができると考えられているためだ。

飲むタイミングは、起床直後に1杯と、3度の食事中に各1杯の合計4杯。これを、ゆっくりと少しずつ啜るように飲むのがコツ。白湯が甘いと感じられるようになってきたら、体から毒素が抜け始めた証拠である。



女性にとっては「体を冷やさない、暖める」といういのがいいですね。

ちなみに筋トレをするというのは、筋肉から熱を起こし体を温めるということであることをお忘れなく。

効果があったという人も多いようですが、ここでひとつだけ言いたいのは、多くの女性が水を飲むことが少なすぎるということです。

だからこうやって水を飲むと代謝が上がる、スムーズになるということです。

水がないと体のシステムが回って来ない。エンジンオイルのない車みたいにシステムが回らないのです。

コップ4杯も飲めば1Lにはなりますから、元々水分摂取が少なすぎたということも大きいでしょう。

フィットネスの世界では、お湯とまでは言わなかったですが、水をチビチビしっかりと飲んでくださいということはずっと前から言っています。

これは代謝をあげるためです。

ちなみに「水に火を加え、さらに沸騰で空気を加えることでエネルギーが取り込まれ、バランスの取れた湯ができる」とい部分はよく分かりませんが・・・・。

そんなことあるの??





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ