2009/8/10  0:41

トレーニング後の炭水化物  diary

「今週はトレーニングの後(夜8時ごろ)、プロテインだけにして、後はご飯食べませんでした。だめですか?」

と質問されました。

いくら絞りたいといっても、重要なところでは炭水化物は取るべきです。

この場合、トレーニング後には筋肉は筋トレのため糖質を使い果たしており、それを補給しないままでいると、筋肉はエネルギー不足で疲れたままで、ストレスを感じます。

ストレスがあるままでは、ストレスホルモンのコルチゾルが分泌される。
これは筋肉を分解するほうのホルモンです。


そうすると作るほうのホルモン(成長ホルモン、インスリン成長因子T)より働きが強くなってしまい、筋肉の分解のほうが進んでしまうのです。

筋肉はストレスを感じているので、小さくなってしまえば、エネルギーを今後使わなくても良くなるので、糖質(炭水化物)が入ってこなくても生きながらえることが出来るよう生存本能で形を変えていくのです。

しかしそれでエネルギーをとると燃焼するところがないので体脂肪を溜め込みやすくなってしまうのです。

だからそうならないように、この場合は、夜であってもトレーニング直後にプロテインとオニギリを食べて、それから1時間後くらいに鶏肉と野菜を取ればいいのです。

そうすることによって、直後の糖質は補給されストレスがないのでコルチゾルも抑えられ、むしろインスリン成長因子Tの分泌を促すのです。

そして夜の寝ている間にゆっくりと体に入ってくるよう固形の鶏肉を食べれば、寝ている間に筋肉の回復を狙えるのです。

なので何でも抜けばいいのではなく、代謝を下げない考え方も重要です。

気をつけて賢くやっていきましょう!!




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ