2008/3/30  23:26

ジョニーデップの神の声  diary

今日はこんなすごいニュースが。

ジョニデ、昏睡状態のファンを回復させる
ジョニー・デップが、昏睡状態のファンを回復させた。
自動車事故にあって昏睡状態に陥り、5ヶ月間眠り続けていたソフィー・ウィルキンソン(17歳)の父親アンドリューが、娘の一番好きな俳優であるジョニデに助けを求める手紙を送ったところ、ジョニデから「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのスパロウ船長の声音で喋っている肉声メッセージが送られてきたらしい。
「驚いたことに、デップのテープを聞かせた後、その少女は右足を動かし始めたのです。彼女の両親は涙を流して喜んでいました」「デップは彼女の父親からの手紙に心をうたれ、彼らを助けるためならどんなことでもするつもりでした」と関係者は語っている
。英国では、数週間前にもスパイスガールズのジェリ・ハリウェルが歌を歌って昏睡状態の患者を回復させたというニュースがあったばかり。
セレブの声には計り知れないヒーリング・パワーが宿っているのかもしれない。



すごいですねえ。
神様の声だね。



最近なんだか、もっとパワーがついてきた。

文字通り「力」。

いやあ、この年になっても?まだ筋力は伸びるもんですねえ。

2年前から何を思ったか、重い重量を扱うようになった。
アメリカ旅行中からかな。

インクラインダンベルプレスから胸のトレーニングを始めるとき、前は使わなかった30kgまで使用重量を上げた。
まず20kg、次に26kg、そして30kg。
これが最初(2年位前)は8回くらいだったかな。それが12回はできるようになり、パーシャルレップという最後に半分だけ下ろしてもう少し行なうのも入れると15回くらいできるようになった。

背中のワンハンドロウもジムにあるのが30kgまでなので、それで10回どうかな?っていうのが最近は12回だったのが、15回近くまで行くように。

一応こういう立場なので?正確なフォームでやってます。

ここまでダンベルから入るパターンとバーベルから入るパターンと2種類のやり方を交互に行なってきたが、これ以上は回数が多すぎるのでダンベルから入るのは効果が薄くなる。

ここ1年、体重は1kgほど増えている。
これは体脂肪ではないので筋肉のはず。
それが筋力アップの結果だろう。

結局のところ筋肉を増やすまたは代謝を上げるということは、筋繊維を太くするしかなく、筋繊維が太くなると筋力はアップする。

女性でも代謝を高くするなら、多少の重い重量を扱わないとそういった燃焼率のいい体になかなか変わらない。
女性の場合は程度があると思うので、それは状態を見ながら。
でもヒップアップはしっかりやったほうが、きちんと上がります。

ただ同じ感じで重量を上げるだけでも変化は少ないのでプログラムに変化を加えたり、組み方を変えたり、いろんなテクニックを使っていく。

ちなみに「部屋でもできる男の本気トレーニング・シーズン2」では重量以外のところの話をしています。

先日、量産のオーダーを出したので、1週間後には発売可能です!
お楽しみに!














トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ