2008/4/18  23:57

パラノイドパーク!  diary

今日の善光寺の態度に僕は日本人としてなんかスッキリした。
てっきり何か起きて壊されるのを恐れているのかと思ったら、仏教としてチベットの扱われ方に疑問があるという本筋だった。

すごいなあ。


クリックすると元のサイズで表示します
今日はパラノイドパーク!

尊敬するガス・ヴァン・サント監督の映画だ。

代表作には
ドラッグストア・カウボーイ
マイ・プライベート・アイダホ
誘う女
グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち
サイコ
小説家を見つけたら
エレファント
ラストデイズ

正直言って全部好き!!

最後の2つは今回の映画の作りと似ていて、ナチュラリアリズムといいますか、自然でうるさくなく、時間を刻むようなこともなく、それでいてリアルで繊細な登場人物の尋常を細かく描いていく。

今回も事故で殺人を犯してしまった少年の心を繊細に描く。

主役の男の子はこの映画で初オーディションで役を得た。
実際は素人。演技経験なし。

しかしこの子の持っているものだけで監督は選んだのだ。

そして演技したことのない少年から見事なものを引き出している。

カメラマンがウォン・カーウァイ映画で有名になった撮影監督クリストファー・ドイル。
彼はおじさん役で5秒ほど出演している。

この映画も静かでありながら、見終わった後、時間をかけて心に押し寄せてくる。

一見、あ、終わった・・ってかんじだけど、誰でも経験ある少年時代、友達や悪いことへの誘い、それに対する恐怖や大人の世界との居心地の悪さ、そして誰にも言えない犯してしまったことへの罪悪感。

この誰にも言えない、をメインテーマにしている。

マニアな人は見てください。
映画に深入りしたい人は見てください。






トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2008/4/27  11:09

 

「パラノイドパーク」★★☆
ゲイブ・ネヴァンス、テイラー・モンセン、ジェイク・ミラー出演
ガス・ヴァン・サント 監督、2007年、アメリカ、フランス 、85分



主人公は16歳の少年、
始めたばかりのスケボーに夢中だ、
ある日誘われてスリルを味わうために
貨... 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ