2008/5/21  23:59

伊達公子、玄米食う!  diary

今日、テレビにクルム伊達公子が出ていて話していました。

「玄米を毎日食べてます!」と。

おお!!いいじゃん!

とっても嬉しい気分になりました。

いやあ、分かってるなあ。
さすが体のことをすごく考えているし、体力のことも考えると玄米がいいってことも分かってるなあ。

玄米を食べるってことは、便通がいいので、体の中に余分なものを長期間貯めることもないので負担が少ない。

GI値が低いので血糖値の上下の差が小さく、常に一定に近い糖質を維持できる。
これは言い換えると低血糖になる瞬間が少ないということです。

そうすると、血糖値が低いがために起きる、「疲れ」「疲労感」「脱力感」がなくなり、また記憶力の低下も避けられる。

低血糖の度合いが高いと、次に食べる炭水化物をより体脂肪として溜め込みやすくなる。

逆にある程度一定だと、体脂肪をエネルギーとして使いやすいのです。

結局のところ、伊達さんは体の調子がいいということを実感したから続けてるんじゃないでしょうか?

また夜は10時か11時に寝ているそうです!!

これは僕は仕事上マネができないのですが・・。

でもこれもきっと体調がいいんでしょうね。

あ、ちなみに田舎では夜が早いのでうちの家族は寝るの早いです。起きるのも早いですが。

やっぱりあそこまで挑戦できてるのは、体調管理や体にとっていいことをいろいろやってるんでしょうね。
他にも何かやってそうだ。






傑作に違いない!
僕が大好きな「クラッシュ」の監督・脚本、「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本、「硫黄島からの手紙」「父親たちの星条旗」の脚本も勤めた現在ハリウッドで最も素晴らしい脚本を書くといわれるポール・ハギスの脚本、監督としての最新作「告発のとき」!
見たい!!
あれ?僕がアメリカにっているときに公開??
クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ