2008/9/30  23:59

なぜマッスルマンは肌を焼くのか?  diary

なぜボディビルダーが肌を黒く焼くのか?という質問を受けましたが、これは僕も同じで焼いています。

夏は海に行けば焼いて、今はもうタンニングマシンで焼いています。

これはもう単純で、まず、引き締まって見えるから。

引き締まって見える理由はオウトツがより出て見えるからですね。

黒くすると、陰になる部分はより黒くなり、飛び出た部分は光を反射して白く光るので、ひっこんだ部分と出ている部分の差が大きくなって、よりキレがあるように見えるんですよね。
より体脂肪が少なく見えるし、筋肉質に見える。

だから焼くんです。

体操選手の白い筋肉質の体だとポワンとして見えるんですよね。

ほら、こんな感じで違って見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

ね!


面白い話があって、LAに住んでたときの友人で日本人の女の子が黒人の男と付き合っていて、「ロドニーがね、タンニングに行ってんのよ!最初から色黒いのに!!なんで焼いてんのか聞いたら、どうやらテカり具合が違うって言うのよ。黒いのを焼くともっと黒くなって光るんだって!」

という話があった。

ということで、やっぱ出てるところがもっと光るらしいです!!

しかも光溢れるLAで黒人がタンニングってどういうことよ!

ちなみに向こうにいるとき僕は焼けやすい体質で、海にもしょっちゅう行ってたりしてたので、結構焼けてて、というか歩いてても焼けるんだけど、黒かったので「君はメキシコ人とのハーフ?」って聞かれたことがあった・・・。

今は焼くもの仕事の一部です。




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ