2008/10/29  23:58

留学奮闘気9 就職せず・・   ユウジの米留学奮闘記

2回のアメリカ旅行後、僕はなぜかあまり俳優養成所に行かなくなった。

しばらく行って、ある程度のことは分かったけど、それ以上新しい発見が見つからなかったのかもしれない。

一方でエキストラ派遣会社に登録したりして現場に行ってみたりしたが些細な仕事だけ。
正直記憶に残っていない・・・。

自分なりにいろいろとオーディションに応募して、受けてみたりした。
これが全然いい結果が得られず。。

欽ちゃんの主催する何か劇団のようなものも受けたなあ。
目の前に欽ちゃんがいた。

自分なりに色々追い求めて動いていたつもりだが、何も結果にはなっていなかた。

そんなことをしていると、他のクラスメイト達とは目指すものとか、目指す場所とか、進む方向とか、行き方とか、何か違い、温度差を感じていた。

そのうち親は取ったほうがいいという教員免許も「自分は人に何かを教えるような柄じゃない」と思って、教員過程も取らなかった。

4年生になっても自分に就職をする理由というか目的というか、その時点で就職に魅力を感じておらず、就職したその先に自分の希望があるように思えなかった。

みんなが動いていた中、就職活動はまったくしなかった。
オーディションを受けたりしていた。

俳優もまだかなり曖昧な夢だったにもかかわらず・・・。

なにをしていいかハッキリ分からない。
今就職も自分ではないという気がしていた。

結局卒業を迎えたが就職はせず、スポーツクラブでバイトをしていた。
このころは今はもうなくなったが、青山・外苑前のベルコモンズとなりのビルに入っていたエグザス青山というエグザスでも1店舗目と言われる老舗で働いていた。
日テレでもスポーツ局でアルバイトをしていた。

今では新卒で就職していないもの珍しくないが、当時、今から16年前では「ちょっとまずいんじゃない?」という感じだった。

実際クラスで就職していないものは45名中3名だったと思う。
アウトローなギターリスト、半パチプロ酒飲み、そして僕・・・。
この3人は仲が良かったのだが・・。

このころから僕は当たり前に生きてないのかもしれない。

ちなみにこのときから10年後、今のルネサンス三軒茶屋でそのとき大学を卒業するものがアルバイトで5人いたと思う。
そのうち就職したのは・・・・一人です!!!
ここのメンツがそういう顔ぶれだったのか、いや時代の違いか・・。


僕は兄とはまったく性格が違う。
昔から違ったが、このころを境に兄と親孝行度が逆転したように思う。
僕は高校生まで比較的いい子で勉強もほどほどにでき、高校も進学校だった。

兄はヤンキー友達が多く、親も何回か学校に呼び出された。

しかしその後兄は早くに結婚し、早くに子供が2人もでき、昔から子供の相手はうまかったので、子供の面倒見がよく、親と一緒に暮らしている。
僕は就職せず、アルバイト、そしてアメリカに行くと言い出す。
30歳まで売れない俳優、アルバイト。。。。

どう見ても親不幸者です。。

卒業後も生活は同じだったが、自分の中で何かが膨らみ始め、半年後にアメリカに行くことを決断する。

いよいよ留学への決断!!!!!





2008/10/25  21:45

留学奮闘記8 グランドキャニオン  ユウジの米留学奮闘記

2回目のアメリカ旅行ではグランドキャニオンに行くことを計画していた。

しかし前回お話したとおり、レンタカーを借りることが出来なかった。
グランドキャニオンまで約800km。

実際にはベガスまで飛行機で行って、そこからさらにセスナか車でいくという手段もあるのだが、その当時の僕はそんなことは知らない。

あのアメリカの大荒野を車で駆け抜けてみたかったのだ。
男のロマンとして。

しかし車がない。。。

そんな途方にくれたまま。去年行ったユニバーサルスタジオに再びツッチーと2人で行った。

2度目でも夢のハリウッド、ユニバーサルスタジオなので、去年見逃したところなどを回ったり、それはそれで楽しかった。

しかし心の中でグランドキャニオンに行けない無念さがわだかまっていた。

ユニバーサルスタジオを歩いていると、ものすごい大勢の人ごみの中から、勝手に目に入ってくる・・・・人・・・・・2人組・・・・あれぇぇぇ!!????


あれぇぇぇ!!!!????


あれって、まさか、同じサークルで仲のいい、そして同じ学科で隣のクラスの武永じゃないかぁぁ!!
彼と同じクラスの友達と歩いてこっちに向かってくる!!

なんでぇぇ!!??

「おい!何してんの??」
「お前こそ何してんだ!ここで!!」
「お前こそ!!」

夏休みに入り、互いが何やっているのかは全く知らなかったのだが、こんなところで隣のクラスの同じサークルの仲のいいやつに会うとは!!!

その不思議さを感じたとき、はっとひらめいた。
あれ?2人はたしか一浪だから俺より年上じゃん!
ちゅうことは、21歳で車が借りられるはず!

「ねえ、明日グランドキャニオン行かない??」

あまりに唐突な申し出に向こうは戸惑っていた。

しかしこれをなんとか説得して、車を借りて、なんと念願のグランドキャニオンに行くことに決定!!!

ものすごい巡り合わせです!!
これぞ神様の思し召し。

ということで、翌朝6時には出発!!
そこからツッチーを除く3人で交代で荒野をドライブ!ツッチーは免許がなかったのです。

およそ10時間かかってようやくグランドキャニオンに着きました!!!

デカイです!
でもね・・・そこまでの道のりがすでにデカイ荒野だったので、何時間もそういうところを通ってきたあとでは正直テレビで見るように大きな感動がなかったのだ・・・。

そこで1泊してまたLAへ帰ってきました。

これぞ若者の行き当たりばったりの旅ですね。

こういうちょこまかした冒険が僕の冒険心をどんどん膨らませ、自分が何が出来るのか、どれくらいなら挑戦できるのか、危険を冒せるのかが見えてきたのでしょう。

急に留学!!ってなったわけじゃないんです。

次回は再び日本、売れない俳優生活と就職せず、の巻。


2008/10/23  11:44

留学奮闘記7 2回目のアメリカ旅行  ユウジの米留学奮闘記

実際の留学までの流れを長々と書いていますが、いきなり思い立ったようにいけるものではなく、そこにいたる過程があって、そうなったので、それを説明したく細々と書いています。


19歳の初めての旅行から1年後、僕が20歳になったとき。
同じジムで働くひとつ年上のトレーナーとして働いていた人をLAに誘った。

そう、誘ったのです。

会員に何人か外国人がいて、英語が出来る人がスタッフにいなかったので僕がそういった人達と結構仲が良かった。
そのうちアメリカ人の女性が国に帰ったのだが、それがLAから電車または車で2時間のところにあるサンタバーバラというところだったので、去年行ったあのアメリカが妙に恋しくなってまた行きたくなったのだ。

インターネットがない時代なので、その女性と何回か手紙でやり取りをしている中でまたアメリカに行きたいと思ったのだ。

そして仲が良かったひとつ上の通称ツッチーを誘って、「行こうよ!」と。

彼は海外は行ったことがない。英語は話せない。
すなわち僕が連れて行くということになるのだ。
でもなんら不安はなかったなあ。

そしてまたお金を貯めて、行くことに!

ゴールドジムは行ったかなあ??あれ?記憶にないぞ。
見に行っただけかもしれない。

今回は2つのイベントがあってひとつは先程の女性に会いに行くこと。
あ、単なる友達ですよ。ほんと。

この前にトラブルが!

着いてすぐにレンタカーを借りてみようと思ったのに、アメリカでは21歳以上じゃないとレンタカーを借りられないのだ!!!
しまった!

僕は20歳。
ツッチーは21歳だったんだけど、クレジットカードを持っていない。
クレジットカードがないと借りられないなんて知らなかった!!
僕は持っていたんだけど、20歳だし・・・。
どうしよう。

サンタバーバラまでどうやっていけばいいのか分からなかったので、電話をかけて聞くとアムトラックという大陸横断鉄道という長ーい電車に乗って行けばいいということで、頑張ってみることにした。

ダウンタウンの大きな駅でカタコトの英語でチケットを買い、2時間の旅でなんとか到着。

LAとは違って涼しい気候で、海辺にはペリカンがいる!!すごいところだ!

ようやく彼女と合うことができ、なんと彼女の車を借りて街中を僕達だけで回ることに!!
あぶないなあ。

なんと彼女の彼氏がボディビルダーでジムのマネージャーをやっているので、そのジムにお邪魔した。
なぜかそこでトレーニングすることに。

ちなみに今僕が行なっているケーブルプレスダウンは彼から教わったフォームが基本になっている。

彼らの家で1泊して、美味しいアメリカンディナーを頂き(結構ヘビーな)、翌日また電車でLAへ帰った。

しかし2つ目のイベントがまたすごいことに!!

2つ目は「初めてのグランドキャニオン」です!!





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ