2008/7/10

不倫のワラ人形!?  ニュース(探偵のつぶやき)

不倫疑い女性にわら人形 会社員の妻嫌がらせ 500万円賠償命令

2008年6月30日(月)16:15

産経新聞

 会社の同僚男性の妻から不倫相手と疑われて嫌がらせをされ精神的苦痛を受けたとして、岡山県内の40代の女性が1100万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、岡山地裁が、妻に500万円の支払いと謝罪文の送付を命じたことが30日、分かった。

 次田和明裁判官は、妻がわら人形を送り付けるなどしたと認定し「長期間の嫌がらせで極めて悪質」と指摘。写真は「夫がふざけて勝手に撮影したもので、不倫を疑ったことには夫にも責任がある」とした。

 判決によると、妻は夫が携帯電話に保存していた女性の写真を見て不倫関係と邪推。平成16年6月〜17年12月、インターネットの掲示板で知り合った複数の友達に依頼して女性に無言電話をかけさせたほか、わら人形を自宅に、中傷文書を勤務先に送り付けるなどした。また、女性に成り済まして下着などを注文した。

 女性は18年9月に妻を告訴。妻は19年2月、名誉棄損の罪で罰金20万円の略式命令を受けた。

まぁ・・・裁判の判決と記事だけ読めば女性の嫉妬はヒトを狂わすし、

恐怖すら感じるが、ワシの見解ではこの旦那は本当に

不倫関係じゃなかったのだろうか?という疑問が沸く・・・

ワシの経験から言わせてもらえば、

旦那が浮気をしているという妻のカン(状況証拠アリも含む)は、

9割以上は当たる!

証拠が取れる或いは事実確認(撮影が出来なかっただけ)が出来る場合だけで

このパーセンテージだから、実際は95%以上はクロと言える!

上記の判決も証拠がなく或いは状況証拠要するに「カン」だけで、

逆上し犯行に及んだのではないのか?

とワシ個人では勝手に憶測してしまう・・・

裁判は証拠の有無が優位に働くのは言うまでもナイ

たとえクロという確信があっても、

証拠もなく浮気相手に違法行為をしては、

逆に裁かれてしまうのは可哀想だが仕方ないコトなのだ!

悔しい思いをしたくなければまず証拠!!

証拠なくして円満解決無し!!!


◆◆◆総合探偵社ガルエージェンシー西多摩◆◆◆
・・・解決の一歩は確実な証拠から・・・

ホームページ:
http://www.galu-nishitama.com/

携帯サイト:
http://www.galu-nishitama.com/i

フリーダイヤル:
0120−786−864

問い合わせメールアドレス:
info@galu-nishitama.com

問い合わせ携帯アドレス:
i-agent-s@docomo.ne.jp

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ