2010/2/27

Philippin-NO1  TRIP

続ける力と有言実行で始まった貧乏旅行は常に無理を承知の計画旅行だ
お金と余裕があればこなせるはずのお決まりの旅は刺激がない
旅の醍醐味「無計画」は僕らにとっての痛手に変わる、そこらにいる品のある風の旅人風の連中は笑顔でいいもんだ。

そんな僕らは極寒の中、出発した。
クリックすると元のサイズで表示します
朝4時初、気温は低め、テンションも低め
行き先はフィリピン
計画は十分
クリックすると元のサイズで表示します
一年振りの関空は少しリニューアルしていた、新しいラウンジスタイルは非常に過ごしやすい500円でこの感じは地方者の貧乏人にはちと嬉しい。

首都マニラまでは約4時間
そこから国内線に乗り換え、また一時間、そして現地タクシーで約一時間
ここが今回の目的の地セブ島

ファーストの雰囲気の感想は

「貧困」

これは良い意味で期待できそうだ
クリックすると元のサイズで表示します
いつも旅で思うのは
この国の持つ独自の感覚と空気感は
現場のみで味わえれる
クリックすると元のサイズで表示します
もちろん僕らの向かえに来るはずの送迎車は余裕で来てない
その横を現地人が目をドルマークにして高級ホテルのリゾートスタイルのお札をパンパンに隠した不安そうな日本人に向けて

言う

「日本人の方こちらですよ(お金持ちの皆さんこちらですよ)」


でしょうね、僕らのホテル代は締めて3人で2437円
自力で到着、荷物おろして、とりあえず
散策
クリックすると元のサイズで表示します
この街には

底力を感じる
クリックすると元のサイズで表示します
そんな中
偶然にも気になる裏路地
そこから偶然の出会いが何度も重なり
クリックすると元のサイズで表示します
そしていい緊張感は明日からの期待に変わり
クリックすると元のサイズで表示します
フィリピンの初夜が終わっていきまた始まる
3
タグ: セブ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ