2008/11/28

jami-jami  TRIP

秋の夜を勢いで乗り切る為、一路、京都へ
今回の面子は駄目な子大人4人で出発

自分の思う車「高級車」を所有する友人の車で出発
少し渋滞にあうもそこも余裕の展開
焦る気持ちと今からの期待に胸を鳩胸にして到着を待つ。
クリックすると元のサイズで表示します
着くや否や、駐車場に手こずるも。
車を止めて
居酒屋で軽く飲んで、現場入り
今回の目的
京都の老舗「metoro]
ゲストDj
「FORTH OF NATURE」
クリックすると元のサイズで表示します
何より大阪から合流した仲間と現地で合流が何よりの起爆剤
京都ピーポーの乗りに疑問を感じながら

お酒顔で朝を迎える

ここで仲間と別れをつげ

朝の風が冷たい駅で始発を待つ

眠かった、寒かったの一言

そして今回のメイン
「福井」
雨が降り
状況的にはあまり良くないが、この環境を乗り越えれる程に良い環境
目的の場
東尋坊へ
クリックすると元のサイズで表示します
暗く悲しい歴史を持つ所だが、それでも人が集まって来る所だけに

やはり「良い場所」

クリックすると元のサイズで表示します
まさに日本海が作った産物
素敵です。

そしてここだけの情報
東尋坊行ったらここは必ず。
東尋坊タワーへ是非。

最上階でしか作れない「東尋坊記念メダル」激シブ

その後、少し山間部にある温泉で身体を休めて

福井市内を散策


ありました、激ヤ場
大根からの攻撃

何?アピール?

やるね福井
クリックすると元のサイズで表示します
そして散策と地元民とのコミュニケーションを済ませ

福井の夜へ
クリックすると元のサイズで表示します

最初にあたった宿の方の一言が忘れれません。
「今日でつぶれました」STARTの福井

良い所です。

次回はオバマ市、狙います。

ジャミジャミや〜!
0

2008/10/28

一隅を照らす  TRIP

奈良TRIP以降、とにかくお寺や神社の仕組みや構造などバックグラウンドに隠れる何か
が自分の中でとにかく面白い。


最近は自分の中にアイディアが生まれないので出発

今回の旅は日本の中心は滋賀に向かった
世界文化遺産である比叡山延暦寺を日本最長の2025mを11分で結ぶケーブルで移動
景色も日本一と謳う場だけに本当に綺麗
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


滋賀と言えば琵琶湖のイメージ

何故か何年も前から自転車で行く計画をしていたが今回のメインはここ
クリックすると元のサイズで表示します
比叡山延暦寺

義務教育時代に勉学とまともに向き合った事の無い生活を過ごし
興味ある物以外は、綺麗なほどに無視してきた達なので、聞いた事や何かで見た事あっても、そこになにを意味するかなどはまったく考えた事が無い自分

いざその偉大なる歴史を前に

ただ圧倒される

ヤバイぜ仏さん

修学旅行生の説明を横から盗み聞き
よく聴いて覚えとけよ的な気分に

ここの場所が気になる人は必ず行くべし

とにかく良い

何が良いかは行く人のみぞ知る所

宗教や宗派など関係なしで「人として」行って下さい、自分の中にある弱い部分などが明確になりような気がする。
そして何よりこの場所に長く居たくなる異様な雰囲気を堪能

比叡山から見る琵琶湖
クリックすると元のサイズで表示します
琵琶湖でかいっす。
その後下山して
琵琶湖周辺を散策
クリックすると元のサイズで表示します
自主トレ中のファイヤーポイ
写真にすると中々な感じ

交流すると琵琶湖が気持ち良いのでここで練習らしい

やるじゃないか琵琶湖
クリックすると元のサイズで表示します
綺麗でした、朝日

光の当たる部分に行くと良い事ありそうだな気分

この場所、滋賀と言うより「延暦寺と琵琶湖」県と軽く解釈

今度は何処に行くか分からないが、必ず行く。
0
タグ: j

2008/10/19

深夜出発  TRIP

仕事が終わる深夜から出発で行くショートトリップ
車の移動は昔からあまり好きでは無く

電車や自転車を使って行く旅が多く

もっと衝動的に行く時には車は良いですね。
先日は深夜出発で鳥取県にある名所「鳥取砂丘」に
クリックすると元のサイズで表示します

恥ずかしながらも昔サーフィンをする為に仲間達と頻繁に波を探しに訪れていた場所
いつでも来れる身近な感覚でいたので
横目で見て行った気になっていた場、砂丘

上ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
こんな人も居て

そして頂上目指して登ると以外に傾斜がきつく
年配の方々には少々きつそう。

頂上に着くや否や

目が合ったその人はまさかの出会い系

地元の先輩が座ってました。
こんな場所でしかも頂上で....

疲労と喜びがセットになっての大爆笑でした。
クリックすると元のサイズで表示します
そんな先輩と一緒に来ていた方のTシャツが素敵でした。

そして近くで開催されている企画展
「砂の美術展」
世界遺産をリアルに砂で表現

世界的にも有名な砂アーティストによる作品
大会なんかもあるみたい
クリックすると元のサイズで表示します

ここのblogに詳しい内容が
軽く見て

海岸沿いの9号線走らせて

綺麗な海と海鮮物を満喫

その後岡山に帰り
またいつもの仕事が始まる

そして深夜にまた仕事が終わり
今度は知り合いのpartyに参加のため神戸に移動
少し忙しいが知らない土地に行く楽しみは無理が承知でもやはり楽しい。
クリックすると元のサイズで表示します
疲れがピークの中での朝日がまぶしい位によかった。

今夜も何処か行きたくなるな

また深夜出発決行か...
0
タグ: j

2008/9/28

それNARA  TRIP

プロジェクトを一つ終えて
自分にご褒美の理由に秋の京都or奈良へ

以外に安くて移動時間もそれほど掛からない場所だけに今考えれば小学生のころに歴史を学ぶ意味では、色んな意味で良い場所。

そんな場所に選んだ自分はまずは奈良から小学校頃の時間に脳内時計を戻して
いざ出陣
目指すは我らが東大寺
駅から余裕の徒歩圏内、奈良は当日の天気も後押してか自分が思ったよりもイメージが良い。
後から分かったのだが歴史の跡が街に多い為、開発などがなされてない様子
駅前でも少し土地がある感じ。
そして奈良公園の玄関口
世界遺産は興福寺
雲一つ無い天気にもう一度サンダルのバンドを締め直す。
クリックすると元のサイズで表示します
そこから

少し歩けば期待の一撃
クリックすると元のサイズで表示します

そう神の使い「鹿」参上っす。。。

奈良と言えば鹿 鹿と言えば奈良

以外に怖いし、少し強引過ぎてうざいかも、、、、

そんな鹿と軽く挨拶をすまして、続く道へ
クリックすると元のサイズで表示します

目的の一部
今も健在の世界最大の木造建築 世界遺産「東大寺」到着、まじ感動っす。
作り方や見ため目はもちろん建築物としてよりも、この材料は何処から?
そんな作りを進むと
入り口には金剛力士のお出迎え。
そしてメイン
中の大仏はかの有名な「奈良の大仏」
写真もあるけどアップは止めときます。
見に行って欲しいです、事前勉強なしで。

でもちょっと笑えます。 でかすぎて&中指の優しさに 笑


ある程度小学生の頃に見ていたので、イメージはしていたがこんなにもか!

とにかく高揚して

やってしまいました、小学生にまぎれて柱に空いてる大仏の鼻サイズとして作られた
柱に、、、
小学生はもちろん
引率の先生も巻き込む笑いに軽く

どや顔!で30代ガッツポーズ!

ピーターパンなんとか病とか気になるわ!状態になるも完璧な無視で前に進む
クリックすると元のサイズで表示します

その後も歩けるだけ歩いて行けるだけ行ける世界遺産を見に電車と自分の足のsetで移動
クリックすると元のサイズで表示します

聖徳太子先輩の作った場

今までに習った記憶がカンバック

1000年以上もほんとにあったの?世界最古の木造建築にうっとり 

日本で初めて世界文化遺産に登録され、仏教美術も世界に誇れるのが分かる
知識がある人と回るのがベスト
クリックすると元のサイズで表示します
「法隆寺」
クリックすると元のサイズで表示します
熊野古道を思いだす場
奈良は吉野
ここもお勧め少し遠いが遠いだけある
ロープウェイに乗ってすぐの場所

世界遺産 吉野山と世界遺産 金峯山寺
とにかく行って見て肌で感じて

そして吉野裏情報聞きたい方、かなり良い所知ってしまいました。 

お店でお話しましょう。

そこから
夜中に京都に移動
クリックすると元のサイズで表示します

深夜の京都をプラプラして


朝からチャリで
クリックすると元のサイズで表示します

軽くメインの金閣寺登場

ちょっとやらしい感じですが
何でも庭の作りは
現段階では上位な感じ、良いですね空間やイメージを自分の思うがままに形にする事で
回りの人間や自分が居なくなっても記憶に残る物が自然にある感じが。

不自然と自然の融合が気持ちいいです。

今回はディパックのみですが、やっぱドリンクホルダーが付いたタイプが異常に欲しいです。徒歩の旅には必要ですね。

誰か良いのがあったら教えて下さい。

これからの時期、旅には良い時期

また行こう!

Thanks T!


0

2008/8/5

HI-meji  自転車

クリックすると元のサイズで表示します
久々に1人でのショートトリップ、朝から犬島行って、その後、衝動的に姫路へ
昔、夜遊びに行った事がある程度の場所「姫路」以外に凄いです。



最初に日本最大級のプラネタリウムの建築が気になり見に行くも普通の建築物と同時の夕立にテンションも下がり気味

途中チャリ屋でデーターゲットして姫路の市内に移動
ここからは相棒のSILKと散策。
クリックすると元のサイズで表示します
やばいっす 
姫路城
普通に世界文化遺産になるのも分かる作り
とにかくでかい

先人の池田先輩や豊臣先輩のスケールにやられまくり
時間が無く、お城の中には入れず

意味ね〜的な感じで

次回の課題に

市内にあるcafeや洋服屋さんを散策
ありました、
所謂、「格好が良い店」
クリックすると元のサイズで表示します
中には入っていないが
色とバランスが調子いい

そして夜の姫路城も素敵でした

姫路、実は良い所に認定

次回は必ず上ります。
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: チャリ ピスト 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ