2010/11/24

沖縄  TRIP

本土では夏と完全におさらばの時期にタイミングとか色々と企みが重なり
合いたい人達に久々に合いたくなるので出発、付くや否やの夏気温に高揚する
クリックすると元のサイズで表示します
あまり好きでは無かった場所ではあるが、来て見たら良い所ですね、
しかし国内屈指のリゾート地も何だか異様な雰囲気、

とても良い所とは言えない場所も....

しかし自分は良い出会いからのお陰でとても良い場所に来てしまった!

ここやんばるに住み、人として生きてる友人家族に会いに
そこにはゲストで先輩も出演、これは合うしかない!
急いで神秘の森やんばるの森へ
クリックすると元のサイズで表示します
森の音にこの時期なのにホタルが舞う
これぞ「ライブの」気持ちに
ビールも効き始め七尾旅人と内橋和久のセッションに先輩のPAで極上の夜を頂き
その夜も公民館に泊めて頂き楽しい夜は神秘の夜へ

そして翌朝はここのコーヒーが気になったので、寝起きで
クリックすると元のサイズで表示します
まじめに最高でした、ヒロコーヒーはお店の裏がコーヒー畑の自然のルート
香り良しに時間を忘れる

気が付けば、お腹が空いてくる

実にシンプルな身体の空腹は昨夜の会場のやまがめにてカレー
旨いです、旨くないわけない
クリックすると元のサイズで表示します
満腹の気持ちで
やんばるの水が流れる海に
今回のアテンドは14歳のパン屋「すず」
クリックすると元のサイズで表示します
一緒に泳いだり、トランプしたりと時間を過ごした
クリックすると元のサイズで表示します
そしてこの日の宿は朝日屋は偶然にもここに出会えて嬉しい
クリックすると元のサイズで表示します
沖縄と言う名の島をグルグルと回る
クリックすると元のサイズで表示します
沖縄をスタスタと歩く
色んな顔をする島、今回もやっぱり出会えた!


これぞの出会いは100点に近い

天候には恵まれずの最後の二日間が過ぎ

これがまた島の持つ顔
クリックすると元のサイズで表示します
ありがとう

2
タグ: やんばる 高江 沖縄

2010/3/4

Philippin-NO3  TRIP

クリックすると元のサイズで表示します
まさにグットモーニング
昨日は川での一日
本日は海でサンゴと対面

本当に綺麗で

疲れが癒される
クリックすると元のサイズで表示します
生まれて初めてサンゴ足で触る体験はここならではの体験
自力で泳ぎポイントを探し見つける楽しみは30代超えても可能なんだ
楽しくないと思っていたのに

昨夜お世話になったマッサージのおばさん
クリックすると元のサイズで表示します
ありがとさん、短い時間でした。

ハイビスカスの現地語教えてもらったけど、5秒で忘れてしまい
あまり興味ないのに調子に乗ってしまい
気候がいいから
まあいいか
クリックすると元のサイズで表示します
でまたバスに揺られ中心地へ着いた頃には
ちょうどサンセット

とりあえずって感じでまったりしてたら
水中から
物売りが

「可愛い子たくさんいるよ」って ここからかよ

その他にもNGワードセリフr連発
クリックすると元のサイズで表示します
ここの場所日本人と中国人、とにもかくにもアジア人が多く疲れる、別にアジア人が居ないから良いとかじゃなく
とにかく「クソ」だ
気分が悪くなる
本当にいい部分だったりする部分を隠して
本質を見せない感覚
そこに金なんか払えんよ、ほんま
こっちとら裕福じゃねーし

本気で楽しみたいだけなのに

過剰な演出や金銭の請求

ペソで払う、日本レート

なんじゃそりゃ

沖縄のなんちゃって離れ島じゃねんだっーの
クリックすると元のサイズで表示します
そんな部分が多く交差する場所

危ない考えでくるから、金とられんだよなたぶん日本人
そこを危ない場所って....

みんながみんなじゃないのに

綺麗な滝や海は「リアル」でしたとさ

MARKER
4
タグ: セブ

2010/3/3

Philippin-NO2   TRIP

昨夜は良い気分でホテルに帰えり、話す間もなく朝を迎えた
ホテルの窓からはお世辞にも綺麗とは言えない雰囲気に喜び冴え感じて滞在時間数時間の思い出にもあまりならない場を去り、パックパックとサングラスとカメラと地図を片手に出発、ここから本番
クリックすると元のサイズで表示します
市内の空気は排気と汚水とゴミで悪臭が漂う、そんな場所からバス乗り場へ
クリックすると元のサイズで表示します
パンと水を買い込み、ぎりぎりの乗り込み、ここから3時間以上狭い席に揺られて
目的の場所に移動
最高の時間と雰囲気をつかむのはやはり時間と労力から来るもの
簡単には味わえれない時間
街中の喧騒を避け、山道をぐんぐん進む、満員で走る為か、スピードはかなり遅い、いくつもの学校や民家や畑や集落を通り過ぎ綺麗な風景と持ち込んだipodの選曲がこの風景と合うと、日本では味わえない幸福感をえる

風もとてつもなく気持ちいい

着いた
クリックすると元のサイズで表示します
とにかく綺麗な海

早くパックパックを置いて開放されたい気持ちに。。
泊まる所の確保もしていなかったので
何軒か宿泊所を巡り
その場の相性と財布の中身が合ったので決定
クリックすると元のサイズで表示します
最高の場を手に入れて
早速ビールに口をつける
これを待っていたんだ

そしてのんびりしたのち
目的の山に出発

ここで地元ピーポーが用意してくれたバイクで移動
値段も安く、その場所まで運んでくれる

地元の綺麗な風景を横目に
約一時間ほど行くと

クリックすると元のサイズで表示します
目的の場所
「KAWASAN」
ここには手付かずの綺麗な川の水と大自然が広がり
僕らの期待をぐいぐい前に
ジャングルを抜け

幼少期に頭に描いた冒険感がカンバック状態
クリックすると元のサイズで表示します
やはりここにも生活があり
人が集まる
クリックすると元のサイズで表示します
とにかく
ここで泳ぎたくて

日本から何時間もかけて来たのである

最高の場所で最高の時間

メインの滝からまだ上に登るとそこには
まだ残る

最高の環境が

ここは楽園ですか?
クリックすると元のサイズで表示します
5

2010/2/27

Philippin-NO1  TRIP

続ける力と有言実行で始まった貧乏旅行は常に無理を承知の計画旅行だ
お金と余裕があればこなせるはずのお決まりの旅は刺激がない
旅の醍醐味「無計画」は僕らにとっての痛手に変わる、そこらにいる品のある風の旅人風の連中は笑顔でいいもんだ。

そんな僕らは極寒の中、出発した。
クリックすると元のサイズで表示します
朝4時初、気温は低め、テンションも低め
行き先はフィリピン
計画は十分
クリックすると元のサイズで表示します
一年振りの関空は少しリニューアルしていた、新しいラウンジスタイルは非常に過ごしやすい500円でこの感じは地方者の貧乏人にはちと嬉しい。

首都マニラまでは約4時間
そこから国内線に乗り換え、また一時間、そして現地タクシーで約一時間
ここが今回の目的の地セブ島

ファーストの雰囲気の感想は

「貧困」

これは良い意味で期待できそうだ
クリックすると元のサイズで表示します
いつも旅で思うのは
この国の持つ独自の感覚と空気感は
現場のみで味わえれる
クリックすると元のサイズで表示します
もちろん僕らの向かえに来るはずの送迎車は余裕で来てない
その横を現地人が目をドルマークにして高級ホテルのリゾートスタイルのお札をパンパンに隠した不安そうな日本人に向けて

言う

「日本人の方こちらですよ(お金持ちの皆さんこちらですよ)」


でしょうね、僕らのホテル代は締めて3人で2437円
自力で到着、荷物おろして、とりあえず
散策
クリックすると元のサイズで表示します
この街には

底力を感じる
クリックすると元のサイズで表示します
そんな中
偶然にも気になる裏路地
そこから偶然の出会いが何度も重なり
クリックすると元のサイズで表示します
そしていい緊張感は明日からの期待に変わり
クリックすると元のサイズで表示します
フィリピンの初夜が終わっていきまた始まる
3
タグ: セブ

2010/1/17

備前の心  TRIP

クリックすると元のサイズで表示します
久々にMTB持って閑谷学校にぶらり
寒い日のチャリ以外に好きかも

しかし上半身のみ熱いので体温管理が難しい
そして和気方面といえばここには必ず行くべし
石釜ピザの王様ピザキング
クリックすると元のサイズで表示します
激やばですわ、、
コーラと合うしね

そして以前から行きたかった場所「備前焼」発祥の地

FVKのテツオ氏に紹介して頂いた「一陽窯」へ
クリックすると元のサイズで表示します
この時期は製作期間の最中
手際良く
次々と作られていく作品に
何か新し感覚さえも感じた
クリックすると元のサイズで表示します
簡単ではない
この作業を終え

窯に入る時期をひたすら待つ
クリックすると元のサイズで表示します
何よりこの場で学んだのは

備前焼の今までの順序の原点である

土である
クリックすると元のサイズで表示します

ここで生産されるには意味がある

いいところだ。
1
タグ: 自転車 岡山 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ