2019/4/18

岐阜へ  

今日は岐阜の友人のところに遊びに行きました。新幹線でスグ、あっという間です新幹線予約してくれていた ステーキ店の「飛騨牛グリル ばくろ」でランチ
   クリックすると元のサイズで表示します
   古民家を改装した落ち着いてオシャレなお店。
   クリックすると元のサイズで表示します
本体はお肉屋さんで息子さんがレストラン展開を始めたそうです〜友人の同級生ですって。
   クリックすると元のサイズで表示します

フルコースのオードブルがさわらだったので 私はNG、ガーデンサラダ+飛騨牛200グラムにしました=3
     クリックすると元のサイズで表示します
ガーデンサラダのボリュームが想定外でした。
プレートの7つのラインは7つのドレッシング
     クリックすると元のサイズで表示します
 なので、200グラムは多かった!
     クリックすると元のサイズで表示します
ご飯も艶々のぴかぴか。冷茶が嬉しい。
     クリックすると元のサイズで表示します
友人はビーフシューをチョイスしたのですが塊の大きいのがストウブに4つも入っててフーフーいいながら食べてました。

彼女の瀟洒な3階建てのご自宅に伺いました、引越し前には拝見してましたが引越しされてからは初めての訪問、お庭も美しく整ってました。私の作ったケーキと金粉入りの珈琲でお喋りタイム
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
楽しい時間はあっという間でした、次は6月に京都での再会を楽しみにバイバイしました

2019/4/14

駒ケ岳にて  アフガンハウンド歳々

今日は、長野の教授君家に会いに駒ケ岳に行って来ました。その前にランチはラッキーなことに美味しいお店にたどり着けました。駒ヶ根でめちゃくちゃ有名なお蕎麦屋さんでした「福玄」さん。   
      http://komagane-fukugen.com/

   クリックすると元のサイズで表示します
お隣の席の人のお勧めで同じお蕎麦を戴きます「とうじ蕎麦 」 そばのしゃぶしゃぶみたいなの。
大きな鍋に出しと山菜・鴨肉・麩がたっぷり。
   クリックすると元のサイズで表示します
私の好きな十割蕎麦です。
   クリックすると元のサイズで表示します
締めは雑炊、鍋奉行としては拘ります
   クリックすると元のサイズで表示します
このソースカツがこれまた美味
   クリックすると元のサイズで表示します
山や道路わきには残雪、桜もちらほら咲いて、水仙は真っ盛り。
   クリックすると元のサイズで表示します
長男の教授君すっかり大人になって凛々しい。
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
男の子ばっかりの3兄弟、仲良しで超カワイイまだまだ長野は寒そうだけれど皆元気で居てねドキドキ

2019/3/23

松山城  風景歳々

  クリックすると元のサイズで表示します
ロープウェイとリフトがありますが、お勧めはリフト
  クリックすると元のサイズで表示します
   難攻不落のお城です。  
  クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します
   日本三大平山城のひとつ  
  クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します
桜はまだまだですがお花見してる家族もおられ、
ピスタチオのカヌレでおやつタイム。
   クリックすると元のサイズで表示します
優美なお城というよりも質実剛健
   クリックすると元のサイズで表示します
今年の開花後には取り払われる老木

  クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します
天守閣から街並みを見おろす
  クリックすると元のサイズで表示します
日本桜名所100に選ばれています。
  クリックすると元のサイズで表示します
帰りもリフトで6分で下界へ。

2019/3/22

松山へ  日々歳々

     クリックすると元のサイズで表示します
     愛媛に向かう道中に angel's ladder
     クリックすると元のサイズで表示します
松山のソウルフード 甘い鍋焼きうどん
     クリックすると元のサイズで表示します
双璧がこちらのアサヒとコトリ 相席はしないアサヒへ
     クリックすると元のサイズで表示します
      メニューはシンプルで潔く
     クリックすると元のサイズで表示します
     レトロな昭和の雰囲気が優しい
     クリックすると元のサイズで表示します
アルミの鍋甘いけどつるつるイケるGOOD!
     クリックすると元のサイズで表示します
   稲荷寿司はわりにあっさりめ
     クリックすると元のサイズで表示します
 玄関に活けられた桜

     クリックすると元のサイズで表示します
松山市内線 伊予電鉄の路面電車
クリックすると元のサイズで表示します
大街道 前長483mのアーケードのある商店街
クリックすると元のサイズで表示します
 もちろん、スタバもあります
クリックすると元のサイズで表示します
金曜なので街は賑わっていました夕焼け

2019/3/21

卒寿をお祝いする会  日々歳々

JKCの審査員の大先輩で有られる川北良一先生が卒寿をお迎えになるということで、新都ホテルで
お祝いの会が催されました、準備のお手伝いと当日は司会進行を勤めさせていただき私にとっても思い出深い一日になりました。何と言っても、川北先生の満面の笑顔がまぶしかったです
     クリックすると元のサイズで表示します
新都ホテル陽明殿の西の間にて。 遠路からもお越し下さり川北先生も大変お慶びでした。発起人は京都の長谷川氏と奥田審査員審議会会長です。
     クリックすると元のサイズで表示します
      バルーンが大好評でしたハートx2
川北先生のお名前をポエムにした色紙はJKCでの先生の倅・野中ハンドラーが代読して渡されました。
      クリックすると元のサイズで表示します
コピーライトの田口君が来てくれて沢山の写真を撮ってくれました、上記3枚のお写真は田口君の撮影です。彼のfacebookにはお祝いの会の様子がアップされています
     クリックすると元のサイズで表示します
皆様のご協力で受付も大変スムースでした。
     クリックすると元のサイズで表示します
     クリックすると元のサイズで表示します
     クリックすると元のサイズで表示します
     クリックすると元のサイズで表示します
     クリックすると元のサイズで表示します
立席スタイルではなく着席してゆっくり歓談して戴ける欧風コース料理てす、お口直しのシャーベットや珈琲も戴きました。
     クリックすると元のサイズで表示します
お祝いのライブはトッキー&シルビアマスターの皆様で素晴らしい演出でした♪x3

無事に盛会に終える事が出来て安堵と感謝の気持ちで一杯です。川北先生のご健康とご活躍をお祈りしています祝

2019/1/13

こんぴら狗  風景歳々

金毘羅さんに前回2016年に行った時には夏を連れていたのだけど、犬連れのお参りがとても多くて 参道にはワンコ連れで飲食できるお店もあり 『どうしてかな?』と思っていたら 今回、ナゾが解けました

クリックすると元のサイズで表示します
こんぴら狗の銅像?も境内にありました。
    クリックすると元のサイズで表示します

帰宅してから、こんぴら狗のことがもっと知りたくて、図書館で本を借りてみました、その内の1冊、児童書の「こんぴら狗」今井恭子著の中に説明されている部分があるので下記に引用します。
    クリックすると元のサイズで表示します

『江戸庶民にとって、伊勢参りと金比羅参りは生涯の夢であった。

江戸時代も後期になり世の中が安定すると、庶民のあいだでは旅へのあこがれがつのった。 だが、徳川幕府は寺社参詣の旅しかゆるさなかったので人々は参詣を名目にあちこち観光して楽しんだのである。(略)

しかし、伊勢(いまの三重県東部)や 讃岐(いまの香川県)の金比羅さんまで長旅をするのは 容易にかなわぬ夢だったので、旅なれた人をたのみ、 かわりにお参りしてきてもらうこともあった。代参という習わしだ。

犬は、飼い主の名前や住所を記した木札と、初穂料(神社にそなえる金銭)、道中の餌代などを入れた銭袋を首にさげ、旅人から旅人へと次々にたくされて、 りっぱに金毘羅参詣をはたし、もどってきたという。

旅人や行く先々の人々はこんぴら狗と見てとると、よろこんで餌をあたえたり、家にとめてやったりして世話をした。 当時の人々は信仰にあつく、こんぴら狗を世話することで、
犬をつかわせた主人同様、自分にもご利益がある、と信じていたからだ。』(39〜40頁)

この、児童書がなかなか泣けるんです

こんぴら狗のムツキは、帰路は大阪より京都までは三十国船に乗ります、江戸時代の淀川の水運を支えた船で伏見の港に着きます、往復の道のりの地図がいい味を出しています。

クリックすると元のサイズで表示します
参道では、こんぴら狗のポストカードや和三盆がありました

2019/1/4

米津玄師 檸檬  風景歳々

紅白歌合戦の米津玄師さん檸檬には感動しました米津さんの歌の世界観にぴったりなあの荘厳で美しい礼拝堂のロケ地はすぐに特定されました。
     クリックすると元のサイズで表示します
     檸檬の歌唱の場所は入ってすぐのシスティーナ礼拝堂。
   クリックすると元のサイズで表示します
そこは鳴門市の大塚国際美術館 大塚製薬の圧倒的な財力と技術力で陶板に劣化しない形で原寸で複製保存展示するという一大プロジェクト。 写真撮影もOK、触る事も出来ます。
    クリックすると元のサイズで表示します
      二階に設えたバルコニーから臨む礼拝堂。
   
緘口令が敷かれた中、前日の12月30日まで平常通り開館し、 美術館のスタッフ達が何時間もかけてキャンドルを並べて、31日にはエキストラとしても出演しあの荘厳で幻想的な舞台が作り上げられたと思うとあの米津さんの感謝の言葉も納得です。
    クリックすると元のサイズで表示します

檸檬は「グリーフ=悲嘆」がテーマ、グリーフとは喪失体験時の悲嘆と愛惜、「今でもあなたはわたしの光」という歌詞は、 亡くした大切な人を忘れなくてもいい、悲しみは乗り越えなくていい、グリーフを受け入れて、共に生きてもいいんだと、ドラマ“アンナチュラル”のストーリーと相まって胸に響いた名曲でしたハートx2
    クリックすると元のサイズで表示します

奇跡的に帰路が徳島を通るルートで、大塚国際美術館を訪れる事が出来て眼福でした。

2019/1/4

大塚国際美術館  日々歳々

    クリックすると元のサイズで表示します
米津さん効果で、この三が日の入場者数は例年の5割増しだったそうです、私たちが訪れたのは4日午後でしたので少し喧噪も落ち着いたようで、駐車場もすぐに停めれましたし館内にもゆとりがありました。
    クリックすると元のサイズで表示します
システィーナ礼拝堂だけではなく、ここには見どころがたくさんあります。全部を見て回っていたら4時間は少なくとも必要とのことですので、マップ&ガイドに沿って観たい箇所から訪れていきます。中でも、ピカソの“ゲルニカ”これは本当に逢いたかった絵画です。ポストカードとポスターも買って帰りました。
    クリックすると元のサイズで表示します
エル・グレコの・祭壇画、戦争で散逸していた6枚の絵が一堂に観れます。実際には6つの美術館で1枚づつ展示されています。
    クリックすると元のサイズで表示します
      ナポレオンが妻ジョセフィーヌに自ら冠を授けるシーン
    クリックすると元のサイズで表示します
      フェルメールの“真珠の耳飾りの少女”
    クリックすると元のサイズで表示します
     モナ・リザもこんなに近くで観れちゃいます。

光の画家モネは自作の水連の絵は自然光の下で飾ってほしいという想いを持っていたそうです、その想いを叶えれたのも陶板だからこそ。
    クリックすると元のサイズで表示します
    クリックすると元のサイズで表示します
   
    クリックすると元のサイズで表示します
cafeフィンセントで、ゴッホの黄色いプリンと珈琲を戴きました
    クリックすると元のサイズで表示します
     たくさんの向日葵に囲まれてお茶しました。

古代壁画から世界26ケ国190余の美術館が所蔵する現代美術まで至宝の西洋名画を原寸大で約千点、世界初の陶板名画美術館。水連の花が咲きだす6月にまた訪れたいと思いました。
   

2019/1/2

いざ高知へ  日々歳々

今日は、香川に別れを告げて高知に向かう日、でも最後にやっぱり新年の金毘羅さんを感じたくて参詣してみました、今日はすんごい人です、わんこもいっぱい。
   クリックすると元のサイズで表示します
    香川最後の朝ご飯はお気に入りのお雑煮。
   クリックすると元のサイズで表示します
      朝から蟹
   クリックすると元のサイズで表示します
      甘エビとかずのこ
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
  参道脇の明星珈琲さん、レトロでほっこりするインテリア。
   クリックすると元のサイズで表示します
    着いたー、高知だぁ
    はりまや橋、カツオのたたき、闘犬、竜馬じゃー
   クリックすると元のサイズで表示します
高知城は江戸時代初期に、土佐藩初代藩主・山内一豊によるもの
本丸の建造物が完全に残る唯一のお城
   クリックすると元のサイズで表示します
一豊の妻まつは夫を「内助の功」で助けた賢妻とされており、嫁入り時の持参金で名馬(鏡栗毛)を買ったという、銅像がありました。
   クリックすると元のサイズで表示します
     高知の人気観光スポット「ひろめ市場」
   クリックすると元のサイズで表示します
    高知市の繁華街、帯屋町一丁目商店
    書のパフォーマンスちう
   クリックすると元のサイズで表示します
        舞終えて、休んでいる獅子舞君 
   クリックすると元のサイズで表示します
「明神丸」鰹の藁焼きパフォーマンスで超人気のお店。
予約しといてよかったぁフグ
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
    たたきは、塩がいいねぇ。
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
     しらすのアヒージョ サイコー
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
食事を終えて見上げると先ほどの書が掲げられてました門松
    

2019/1/1

お正月ご飯  美味歳々

さてさて、お正月の夜ご飯はどんなのかな?と楽しみにして着席。
    クリックすると元のサイズで表示します
    クリックすると元のサイズで表示します
    おめでとうございます、と言われてる気分
    クリックすると元のサイズで表示します
    クリックすると元のサイズで表示します
お魚苦手と言ったが故の苦心してくださったような献立、フカヒレ。
    クリックすると元のサイズで表示します
    クリックすると元のサイズで表示します
    クリックすると元のサイズで表示します
    クリックすると元のサイズで表示します
       ふぐ です。
    クリックすると元のサイズで表示します
    クリックすると元のサイズで表示します
毎回、てんこ盛りのごちそうなんですが今夜はこれまた多い
   クリックすると元のサイズで表示します
  “おいり”のトッピングがかわいいロールケーキ
   クリックすると元のサイズで表示します
大盤振る舞い食事の後、大抽選大会がありまして、紅葉亭の特製フィンナンシェと“おいり”を戴きました、宿泊者のほとんどの方に何かが当たるという大盤振る舞いです的中
タグ: 紅葉亭



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ