カレンダー

2020
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

リンク集

 

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

CREMASTER NOW

最近の投稿画像
7/24 先週のお詫びと来週…

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

ワイフ(1)

ウチの母が海外旅行から帰国致しました。
行き先はと申しますと、近頃 思春期に入り始めた中学生女子の肌のような微妙な荒れ具合の情勢でお馴染みのシャムことタイ国です。

「好きな土産を選んでいいよ」と5回に分けて写メールを仕事中に送ってきていたようです。
普段、電話はおろかメールもまともに入らない私の携帯電話をふと見ると『受信メール5件』とかあるんで、どうせ図書館やTSUTAYAからだろうと思いきや全て母からでした。
当たりでもはずれでもない、商店街のクジの末等『ポケットティッシュ』みたいなもんでしょうか? 酷い? 私もそう思います!

彼女は写真を何枚かまとめて送信できる事を知らないみたいですが、年寄りにしては高度なテクを使用しているので、多分に素晴らしい事だと思います。

土産の内容はというと、
・椰子の葉でつくられた鞄
・ラーメンのどんぶりのフチに並んでる四角いぐるぐるした中華マークみたいな(わかります?)のが並列している丸い形の鞄
・ラコステ風ポロシャツ(赤)
・女性のシミーズのような形の鞄
・バラ柄のスカーフ
・象さんアップリケの携帯ケース
・母の写真入り絵皿

加えて老眼のせいで濁点と半濁点の区別がつかないらしく『ファスナー付きボケット』だの『ボロシャツ』だの『アッブリケ』だのと。


ラコステ風のボロシャツもいいなあと思ったのですが、赤はちょっと…違います。
メールには「特別! 2つ選んでもいいよ!」とも書いてあったのですが、ありがたく1つだけにしようかなあと思っています。お皿。

仮にお店でそのお皿を使用し、それでお料理を出してみる…と考えると、食べ終わりの頃には もの凄くお客さんに母親を汚されてるみたいな気分に、おそらく、なります。

0
投稿者:ろみー
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ