カレンダー

2021
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

リンク集

 

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

CREMASTER NOW

最近の投稿画像
7/24 先週のお詫びと来週…

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

己への応援歌を創っては如何か

今日は帰宅後(どこから?)家で色々作業してたんですが、最中、ニコニコ動画の作業BGMシリーズをかけていました。私の青春時代ど真ん中のラインナップで計1時間分です。
どれもイントロで大体血湧き肉小躍りくらいになったことから、結構流行りの歌をおさえていたのだなあ、と10年前の己に意外がりました。

そこでまあ、TKです。彼の楽曲の多い事ったらないですよ。
結局は大量生産で歴史に残る歌がないなぞと囁かれても居りますが、やはりその中にもいい曲はあると思います。よ。例えば?って言われたらすぐに思い浮かばないですが。

歌の良い所ってのは当時の想い出が甦るというのがひとつあると思います。
あー初恋、とか あーいたずらしすぎて男子に嫌われた頃だ、とか あー「CAN YOU CELEBRATE? のCELEBRATE の意味ってなに?」ってNさんに聞いたなあ、とか思い出すわけです。
そういった彼の実績というか偉績というか、それらを逮捕によって(ま、犯罪はダメ行為ですが)過去まで全て否定的に捉えるのは、当時あれだけTKを持ち上げといてどないやねんと。。
ええ、恥ずかしながら私はカラオケではTKに世話してもらいました。そういう意味では小室ファミリーの一員でした。

まあ、今も昔も私はTKのことは別に好きではないですが、なんでかそんな風に思ってここに書いてみたらこれは見事に寝不足に繋がったなあ、と…。 

違うな、この締め。



音楽で酸いも甘いも知った男が復帰後もなお音楽を続けるって事は、それらを両方とも背負い続けなければならないって事です。音楽に一生翻弄され続けるという事です。
彼が罪を償い終えた暁には、憲ちゃん(美川の)にとってのコロッケみたいな人が現れてくれる事を願ってやみません。
0
投稿者:ろみー
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ