2018/11/9

侍ジャパン vs MLBオールスターチーム〔2018日米野球〕  Sports

11月9日、2018日米野球『侍ジャパン vs MLBオールスターチーム』を東京ドームで観戦。クリックすると元のサイズで表示します
4年ぶりの開催となった「2018日米野球」が、東京ドームで開幕。松井秀喜さんの始球式、J・Tリアルミュート選手(マイアミ・マーリンズ)と岡本和真選手(ジャイアンツ)の選手宣誓で幕開けです。プロスポーツで選手宣誓があるとはちょっと違和感を覚えました。さてゲームは、MLB選抜が、3回、先頭の8番ロサリオ(メッツ)が侍ジャパン先発の岸(楽天)から左越えソロ本塁打を放って先制すると、「1―1」で迎えた5回にはサンタナ(フィリーズ)の左越え3ランで勝ち越し。「4―4」で迎えた6回にはソト(ナショナルズ)が左越え2ランを放って再び勝ち越す展開で、侍ジャパンの力負けの様相を呈していた9回裏にドラマが待っていました。9回一死から代打、上林(ソフトバンク)が中安で出塁すると3番、秋山(西武)の打席時に二盗。4番、山川(西武)に代わって送られた代打、会沢(広島)が中前にタイムリーを放ち1点差。なおも2死一塁から5番、柳田(ソフトバンク)がバックスクリーンへ逆転サヨナラ2ランホームラン。主砲の劇的な一発、広島との日本シリーズ第5戦で放ったサヨナラ弾に続いての柳田の劇的な幕引きに、ドームは歓喜の渦に。逆転サヨナラホームランは、日米野球史上初の快挙なのだそう。柳田のヒーローインタビュー「最高で〜す!ミラクル!」の絶叫に、柳田の興奮ぶりが伝わります。大興奮の余韻を楽しみつつ、後ろ髪を引かれるように歓喜の東京ドームを後にしましたが、最高の夜となりました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


始球式 松井秀喜さん
クリックすると元のサイズで表示します


選手宣誓 J・Tリアルミュート選手(マイアミ・マーリンズ) 岡本和真選手(読売ジャイアンツ)
クリックすると元のサイズで表示します


ドン・マッティングリー監督(マイアミ・マーリンズ監督)  稲葉篤紀監督
クリックすると元のサイズで表示します


D No.1 山田哲人(ヤクルトスワローズ) 
クリックすると元のサイズで表示します

4 No.4 菊池涼介(広島カープ)
クリックすると元のサイズで表示します

9 No.55 秋山翔吾(西武ライオンズ)
クリックすると元のサイズで表示します

3 No.33 山川穂高(西武ライオンズ)
クリックすると元のサイズで表示します

8 No.22 柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)
クリックすると元のサイズで表示します

5 No.8 岡本和真(読売ジャイアンツ)
クリックすると元のサイズで表示します

7 No.7 田中和基(東北楽天ゴールデンイーグルス)
クリックすると元のサイズで表示します

2 No.62 甲斐拓也(福岡ソフトバンクホークス)
クリックすると元のサイズで表示します

6 No.2 田中広輔(広島カープ)
クリックすると元のサイズで表示します

P No.11 岸孝之(東北楽天ゴールデンイーグルス)
クリックすると元のサイズで表示します

P No.41 成田翔(千葉ロッテマリーンズ)
クリックすると元のサイズで表示します

P No.17 岡田明丈(広島カープ)
クリックすると元のサイズで表示します

P No.28 高橋礼(福岡ソフトバンクホークス)
クリックすると元のサイズで表示します

P No.19 山崎康晃(横浜DeNAベイスターズ)
クリックすると元のサイズで表示します

MLB No.41 ジュニオル・ゲラ(ブルーワーズ)  No.35 マット・アンドリース(ダイヤモンドバックス)
クリックすると元のサイズで表示します

MLB No.31 コリン・マキュー(アストローズ)  No.39 キルビー・イエーツ(パドレス)
クリックすると元のサイズで表示します


9回2死 柳田悠岐 逆転サヨナラ2ランホームラン!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ