2018/10/16

SAMURAI BLUE(日本代表) vs ウルグアイ代表〔キリンチャレンジカップ2018〕  Soccer

10月16日、『SAMURAI BLUE(日本代表)vsウルグアイ代表〔キリンチャレンジカップ2018〕』クリックすると元のサイズで表示します
森保ジャパン初観戦に、埼玉スタジアム2○○2へ。FIFAランク54位の"SAMURAI BLUE(日本代表)"は、同5位の強豪ウルグアイ代表との対戦。この日は、12日「3−0」で勝利したパナマ代表戦からスタメン9人変更。パナマ戦先発だった室屋成と権田修一が外れ、我らが中島翔哉と長友佑都が先発出場となりました。毎度のことですが、もっぱら青赤戦士を中心に熱く声援をおくります。すると、ゲームは前半10分、翔哉のパスを受けた南野が見事な個人技で先制ゴール、A代表初ゴールから3戦連発は日本代表史上5人目となるゴールでした。ある程度劣勢を覚悟の観戦でしたから、勇気を貰うゴールでしたが、やはりウルグアイ。28分、セットプレーをペレイロに決められて同点に。しかし日本も負けていません。36分には翔哉のシュートを相手GKがはじくと大迫がつめて勝ち越し、「2―1」で折り返し、前半はほぼほぼ日本ペースだったでしょうか。後半の入りはウルグアイが攻勢。後半12分にディフェスのミスパスから、カバーニに決められ同点とされ、嫌なムード漂いますが、この日の2列目、翔哉に南野、堂安は、ひと味もふた味も違いました。14分に堂安が代表初ゴールを決めて「3―2」と再び勝ち越すと、21分には堂安のシュートのこぼれから南野がこの日2点目を奪って勝負あり。その後1点を返されますが「4―3」で、FIFAランク差49は日本史上最大のジャイアントキリング。新生"SAMURAI BLUE"10番、縦への推進力ある中島翔哉、キレキレのドリブル、隙あらばゴールを狙う姿勢に、ドキドキワクワク、目が離せません。複数失点したものの、アグレッシブで、オフェンシブで、勇ましいスカッとした快勝。さらなる期待に、11月の代表戦が待ち遠しく楽しみですね。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半10分 No.10中島翔哉のパスから、No.9南野拓実があっぱれ先制ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半36分 No.10中島翔哉のシュートをGKが弾くと、No.15大迫勇也が押込み勝ち越ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半14分 No.21堂安律の左足一閃! 代表初ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半21分 No.21堂安律のシュートのこぼれ玉を、No.9南野拓実の決勝ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



世界ランク5位 ウルグアイ代表を撃破! 新生、森保ジャパン3連勝!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

3試合連続、この日2ゴール! No.9 南野 拓実(ザルツブルク)
クリックすると元のサイズで表示します

代表初ゴール! No.21 堂安 律(フローニンゲン)
クリックすると元のサイズで表示します

躍動のファンタジスタ!ドリブルお化け! No.10 中島 翔哉(ポルティモネンセ)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


この日の青赤戦士!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



ウルグアイ代表 FW No.21 エディンソン・カバーニ(パリ・ サンジェルマン)
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ