2018/10/19

鉄瓶・鶴瓶 親子会(東京公演)  Theater

10月19日、『鉄瓶・鶴瓶親子会(東京公演)』なかのZERO(西館)小ホールにて。クリックすると元のサイズで表示します
落語鑑賞は昨年暮れの『夢の三競演2017〜三枚看板・大看板・金看板〜』以来ですから、おおよそ1年ぶり。東京に居ながら、落語を愛でる滅多にない機会が、前回同様、上方落語というのも不思議なものです。この日は『鶴瓶・鉄瓶親子会』。開口一番は桂慶治郎さんに、この日の主役の笑福亭鉄瓶さん、鉄瓶さんの師匠である笑福亭鶴瓶さんのご両人の共演。まずは、開口一番、桂慶治郎さんは『桃太郎』を軽快にテンポ良く。桂三枝創作落語「桃太郎で眠れなかった子供のために」ですが、サゲは"大人に罪はない"でした。現代落語ならではの、聴き易い耳馴染ある語り口。現代っ子の理屈っぽい様と昔気質の父親の掛け合いが愉快。この日は鉄瓶さんは2度高座にあがりますが、まずは『替り目』を。『替り目』の由来となる後半はなく、サゲは「酔っちまったわ」。酔っぱらった夫の嫁対する愛情と感謝の本音に、鬼嫁が思わずひと言。夫婦の愛情物語。笑福亭鶴瓶さんは、"家族に乾杯"の可笑し話からの『妾馬』を。鶴瓶さんの『妾馬』の鑑賞は2度目ですが、"八五郎"は鶴瓶さん十八番でしょうか。『妾馬』は『八五郎出世』ともいわれますが、鶴瓶さんの"八五郎"は、侍に取り立てようとする殿サンの要請を断りますから出世しません。その痛快さが魅力。サゲは、鶴瓶さんお名前もナゾった"鶴の一声"。貧しいながらも家族愛いっぱいの人情話、鶴瓶さんの代表作となる演目です。仲入り後は、鉄瓶さんの『たちぎれ線香』を。悲恋のお話に、女将の"お仏壇の線香が、ちょうど立ち切りました"ではなく、"女将、線香をもう一本"と若旦那のセリフでサゲたところが鉄瓶さん風で粋でした。鉄瓶さん鶴瓶さんとも、登場人物になりきる話術はもちろん、表情や身振り手振りのしぐさは、天下一品。単なるお笑いに終わらず、耳で目で臨場感を感じるのが寄席の醍醐味。大人好みの有意義な時間を過ごすことができました。


   『鶴瓶 鉄瓶親子会 〜東京公演〜 』

      会  場      なかのZERO小ホール
  
      開催日      平成30年10月19日(金) 午後7時開演

     (開口一番) 
      桂 慶治郎    桃太郎

      笑福亭 鉄瓶   替わり目
 
      笑福亭 鶴瓶   妾 馬
    
     (仲 入)

      笑福亭 鉄瓶   たちぎれ線香

            三味線  はやしや絹代
            笛     笑福亭松五
            太鼓   笑福亭生寿
            お茶子  増田みなみ



クリックすると元のサイズで表示します桂 慶治郎
大阪市出身。1984年4月28日生まれ。
2015年5月、桂米団治に入門。趣味は特撮ヒーローもの、読書。
特技は現在殺陣。桂米朝事務所所属。







クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します笑福亭 鉄瓶
奈良県出身。1978年8月14日生まれ。テツビンと書いてテッペイ。
笑福亭鶴瓶11番の弟子として入門。若手成長株の一人。
2013年なにわ芸術祭新人賞受賞。
2016年第71回文化庁芸術祭 大衆芸能部門新人賞受賞。
また、音楽についても邦/洋楽問わず詳しく多くのミュージシャンとの交流もあります。




クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します笑福亭 鶴瓶
大阪市出身。1951年12月23日生まれ。
1972年2月14日、六代目笑福亭松鶴の許に入門。
11代目弟子として"鶴瓶"の名を与えられ、上方落語会員に登録。
現在、東西落語研鑽会、青山寄席、笑福亭落語会などに出演。
俳優、司会者など幅広く活躍中。NHK総合"鶴瓶の家族に乾杯"、映画、ドラマなど出演多数。全国的人気者タレント。
2003年に小朝、9代目林家正蔵らと落語の"六人の会"を結成。
同年、"上方落語協会"理事に就任。2008年副会長に就任。
2018年相談役に就任。年々、落語への回帰を強め、現在に至る。

クリックすると元のサイズで表示します

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ