2018/12/31

第97回全国高校サッカー選手権大会〔開会式&開幕戦〕  Soccer

12月30日『第97回全国高校サッカー選手権大会 開会式 & 開幕戦』駒沢陸上競技場。クリックすると元のサイズで表示します
今年のサッカー観戦納めは、平成最後の『第97回全国高校サッカー選手権 開幕戦』。毎回ながら、色とりどりユニフォームが並ぶ"開会式"は壮観。今年のマドンナ"応援マネージャー"は、清原果耶さんがさらに色を添えます。選手宣誓は、広島代表・瀬戸内高の佐々木達也主将。「猛暑、地震、西日本豪雨と災害を経験し、多くの人が今もなお不安な日々を過ごしています」と述べ、災害からの復興を願うメッセージは立派でした。さて、開会式後の初戦"開幕戦"は、地元の駒沢大学高校(東京B)と、名那覇西高校(沖縄)の対戦。ゲームは、駒沢大高ペースで進みます。すると、前半36分、ゴール前でDFの中途半端にクリアに、駒大高FW原田大渡(No.10)が、右足を振り抜き先制します。後半も駒大高がゲームを支配しますが、後半16分に那覇西のFW宮国永遠(No.11)がピッチ中央付近のドリブルから、強烈なミドルシュートをゴール右上に決め同点に。度肝を抜くスーパーゴールでした。その後も駒大高の展開でしたが、那覇西も体を張り、勝負の行方はPK戦へ。両チーム、フィールドプレーヤー10人が蹴って、一人づつ外し「9−9」のイーブン。11人目はGK対決。駒大高GK宮崎雅崇のPKはゴール中央へ、相手GKは横に反応するも、かろうじて足でセーブ。すると、那覇西のGK新垣凱斗も同じくゴール中央へシュート、これが決勝ゴールとなりました。GK同士の心理戦が勝敗を決することに。結果、ゲーム展開では劣勢だった那覇西高校が2回戦進出を決めました。駒大高としては、決めるところで決めきれなかったのが敗因でしょう。トーナメント戦の怖さを象徴するかのような開幕戦。全国の頂点を目指し、群雄割拠、なんとも楽しみな大会の幕開けです。

〔開会式〕
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

応援マネージャー 清原果耶さん
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

選手宣誓 瀬戸内高校(広島) No.10 佐々木達也 主将
クリックすると元のサイズで表示します

"FC東京内定" 東福岡高校 No.2 中村拓海選手(3年/DF) 
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




〔開幕戦〕 駒沢大学高校(東京B) vs 那覇西高校(沖縄)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


前半36分、駒沢大高FW No.10 原田大渡がゴール前で右足を振り抜き先制ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


後半14分 那覇西高FW No.11 宮國永遠のお見事スーパーミドルは起死回生の同点ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


「1−1」で勝負はPK戦へ。PK戦もお互い10人に蹴って「9−9」。
クリックすると元のサイズで表示します

駒澤大高11人目は、GK No.1 宮崎雅崇。那覇西高GK新垣凱斗が足でシュートストップ。
クリックすると元のサイズで表示します

那覇西高11人目は、GK No.1 新垣凱斗。右足シュートはゴールネットを揺らします!
クリックすると元のサイズで表示します

那覇西高校(沖縄)、PK戦を「10−9」で制し、劇的な勝利で、初戦突破!
クリックすると元のサイズで表示します

2年ぶり4回目の出場 駒大高(東京B)、初戦敗退。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ