2019/3/30

vs 浦和レッズ 〔J.League Division1第5節〕   FC TOKYO

3月30日『浦和レッズvsFC東京〔J.League Division1第5節〕』埼玉スタジアム2002。クリックすると元のサイズで表示します
首位東京≠フ実力が試される浦和戦。A代表スタメン起用に応えた室屋に拳人、U22代表で東ティモール戦2ゴールの建英、日本代表での大活躍に、J1リーグ戦にも期待です。ゲームは、鬼門埼スタで4バックの浦和に手こずるも辛抱強く守りつつ反撃を試みる東京という展開。スコアレスでむかえた後半17分、永井に代わり建英を投入。すると後半30分、建英がドリブルカウンターからディエゴへパス。ディエゴから戻ったボールを、今度は慶悟へスルーパスでチャンスメーク。建英のパスを受けた慶悟の技ありクロスを、ディエゴがジャンプ一番、頭で合わせて先制に成功します。埼スタでの"セクシー東京"に大興奮。ゲームはこのまま後半アディショナルタイムに入るまで集中力を切らさず歓喜の勝利は目前に。ところが90分+4分、上手の手から水が漏る、まさにラスト1プレーで痛恨の失点でオヨヨ。勝負どころで投入した建英が先制点に絡み、その先制ゴール点もキャプテン慶悟のアシストからエースのディエゴが決めるという文句なしの一撃だっただけに、なんとも口惜しいドロー。勝点2を失った勝点1に言葉もありません。試合後、チームを鼓舞するキャプテン慶悟の姿に勇気をもらった気持ちでしたが、ホントにクヤシイなぁ〜。首位陥落は冷静に受け入れますが、今日こそは埼スタでレッズをクリーンシートで撃破して勝利の祝杯を揚げたかったなぁ。いやはや、やっぱり悔しきラスト1分。これがJの醍醐味と自ら慰め、心を落ち着かせましょうか。バモストーキョー!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



攻撃の起点は建英!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

後半30分 No.9ディエゴオリヴェイラ 慶悟のクロスにヘッディングシュートで先制ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

祝!第一子(ご長男)ご誕生!ディエゴ オリヴェイラ!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー 土壇場で、2003年7月以来、未勝利"埼玉スタジアム2002"鬼門攻略に失敗。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ