2019/8/3

vs セレッソ大阪 〔J.League Division1第21節〕  FC TOKYO

8月3日 『FC東京 vs セレッソ大阪〔J.League Division1第21節〕』味の素スタジアムにて。クリックすると元のサイズで表示します
いよいよ暑さ厳しき折、ACL組がミッドウィークに対戦し、川崎が広島に負け、鹿島が浦和と引き分けた今週末は、アウェイ長居で今季初黒星をきしたセレッソ大阪を味スタに迎えての一戦です。この日は、諒也に代わってオ・ジェスクが左SDに入り、タマはベンチスタートとなりました。ゲームは、前節清水戦同様、慎重な立ち上がりで、堅いブロックを敷き、ポゼッションは劣勢ながら粘り強く凌いでいく展開に。前半は互いにチャンスは少なくスコアレス。むかえた後半開始早々2分、左サイドの東がキープからオシャレなノーステップクロスを上げると永井が頭で合わせ先制ゴール。前半苦しい展開だっただけに胸のすく一発でした。その後、大森が傷むと、味スタ凱旋のタマを投入。すると後半23分、右サイドからのタマの左足FKに、ニアに飛び込んだ森重がヒールでそらし今季初ゴール。歓喜の輪の中心にいる森重のガッツポーズに、湘南戦の幻ゴールを思い出してしまいました。さらに、後半AT、ジャエルを筆頭に身体を張り時間を進める東京ですが、セレッソの一瞬のスキを突き、ジャエルからのホットラインに抜け出したディエゴがGKの股間を抜くダメ押しゴールでジ・エンド。終わってみれば「3−0」の貫禄勝ち。好調2トップに、戻ってきたタマ&ジャエルが強烈なアクセントを加え、オフェンス陣は厚く熱くなってきた暑き夏。さあ!夏だ、夏だ、尖がろう、尖がろう!バモストーキョー!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半2分 No.11 永井謙佑 東の浮き球クロスにドンピシャヘッドで先制ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半23分 No.3 森重真人 タマのFKに、"触ったかな?"タッチの今季初ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半AT2分 No.9 ディエゴ・オリヴェイラ ジャエルのスルーパスにダメ押しゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



Welcome to AJINOMOTO-STADIUM
クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー 好調セレッソ大阪を撃破し首位キープ!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

"優勝しましょう!"
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ