2019/10/25

The46th TOKYO MOTOR SHOW 2019 (T)  NON

10月25日『The 46th TOKYO MOTOR SHOW 2019』有明&青梅エリアを見学です。クリックすると元のサイズで表示します
『第46回東京モーターショー2019』のテーマはOPEN FUTURE=B業界を超えて世界8ヵ国、総勢187企業・団体が参加しオールインダストリーで「クルマ・バイクのワクワクドキドキ」から、「未来の暮らし」「未来の街」まで領域をひろげ、「未来に繋がる道」「未来のモビリティ社会」への提言してくれています。従来、東京ビックサイトでの開催ですが、今年は、東京ビックサイト西・南展示場棟のある"有明エリア"に加え、新たに"青海エリア"まで会場を拡大し、両エリアをつなぐ約1.5kmの一本道"OPEN ROAD"も含め、一大『モビリティパーク』として過去最大規模の面積での開催です。会場は過去最大規模と言いつつ、乗用車部門においては、常連のフォルクスワーゲン、アウディ、ボルボ、BMW、シトロエン、ポルシェ、ブジョーなど外国メーカーが参加せず少々寂しい限り。『東京モーターショー』の見どころが、パワー性能やスタイリングの時代から、燃費重視のエコ化からのハイブリッドの流れ。さらにパワーユニットは、一気に、電気EV(電気自動車)、FCV(燃料電池車)へと変遷。同時並行的に安全装置が充実され、そして今や、AIによる自動運転システムへ。それに伴い、既存の自動車メーカーに加え、他業種からの開発企業参入の多様化の時代へ。それ故に、展示の仕方も、スポットライトを浴び煌びやかな固定展示から、"OPEN ROAD"を使った体験型展示に。スーパーカーブームやF1ブームを体験している昭和世代にとっては、『東京モータショー』と言えば、エンジン音や排気臭を感じる走行性能や、近未来的な魅力あふれるスタイリングの車が憧れの的でしたが、車に求める価値観の変遷とともに、見た目のカッコ良さではなく、機能性であり安全走行自体の目撃体感するまさしく、令和・新時代の『東京モーターショー』へ様変わりを実感。個人的には、心ときめくショータイムから、新型家電製品の展示会になっていくようで、『東京モーターショー』の魅力が半減したかのようでやや興ざめ気味になったのも事実。世の中のカーシェアリング浸透が示すように、いよいよ、車は所有から使用の時代に入り、車のOPEN FUTURE≠ヘ、憧れの存在から、社会生活のコンビニエンスな道具(モビリティ社会)へを実感する『東京モーターショー』となりました。きっと2年後の次回は、ドローンの開発がすすみ車≠ニいう概念そのものを問うようになるような予感。時代に取り残されないように、それはそれで楽しみかなぁ。


〔LEXUS〕
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 LF-30 Electrified

クリックすると元のサイズで表示します
 LC Convertible concept

クリックすると元のサイズで表示します
 LC500

クリックすると元のサイズで表示します
 LS500h



〔TOYOTA〕
クリックすると元のサイズで表示します
 e-RACER

クリックすると元のサイズで表示します
 MIRAI Concept

クリックすると元のサイズで表示します
 ULTRA COMPACT BEV

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 LQ

クリックすると元のサイズで表示します



〔HONDA〕
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 Honda e

クリックすると元のサイズで表示します
 MSX



〔NISSAN〕
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 NISSAN ARIA CONCEPT

クリックすると元のサイズで表示します
 NISSAN IMk

クリックすると元のサイズで表示します
 FAIRLADY Z 50th Anniversary 7M-ATx

クリックすると元のサイズで表示します
 GT-R 50th Anniversary

クリックすると元のサイズで表示します
 GT-R NISMO 2020



〔MAZDA〕
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
  MX-30



〔SUBARU〕
クリックすると元のサイズで表示します
 LEVORG PROTOTYPE

クリックすると元のサイズで表示します
 SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ