2020/6/15

ちはやふる in 府中  NON

6月15日、漫画『ちはやふる』を記念し作成された府中市のマンホールを巡るウォーキング。クリックすると元のサイズで表示します
『ちはやふる』は、漫画家の末次由紀さん原作の競技かるたを題材にした人気少女漫画で、アニメ化や、広瀬すずさん主演にて実写映画化もされたのは記憶に新しいところです。主人公・綾瀬千早とその幼馴染・真島太一は、府中市在住の設定で、作中にはたびたび府中の風景が登場します。特に片町文化センターは、千早たちが本格的に競技かるたの世界へのめり込むきっかけとなった原点ともいえる場所ですし、千早と太一が所属し原田先生が会長を務める"府中白波会"は、実際に片町文化センターで競技かるたの練習をしている"府中白妙会"がモデルです。元会長の前田秀彦八段(史上最年長準名人)が、千早たちの師匠・原田秀雄先生のモデルとも言われています。また、ほかにも分倍河原駅や駅前商店街、下河原緑道や京王線の線路わきの道など、片町文化センター周辺の景色が各作品の中でたびたび登場し、府中市は「ちはやふるの聖地」となっています。今回は、直近の2020年3月に、府中市が設置した、漫画『ちはやふる』のキャラクターをはじめ、府中市マスコット「ふちゅこま」や、府中観光協会イメージキャラクター「古都見ちゃん」、ラグビーワールドカップ2019公式マスコット「レンジー」の"デザインマンホール"をマイルストーンに、三鷹からの寄り道、往復ウォーキング。34,484歩(25.8km)約5時間の遠足となりました。


〔府中市立片町文化センター〕 住所: 府中市片町2丁目17番地
クリックすると元のサイズで表示します
片町文化センターは、"綾瀬千早"、"真島太一"、"綿谷新"がチーム戦をしたモデルの場所。

クリックすると元のサイズで表示します
常時展示中 "綾瀬千早"、"真島太一"、"綿谷新"の小学生時代のデザイン。


【小学生時代の千早・太一・新】 所在:府中市片町2丁目15番地先(付近)
クリックすると元のサイズで表示します


【綾瀬 千早】 所在:府中市宮西町5丁目11番地先(付近)
クリックすると元のサイズで表示します
府中白波会所属のA級選手。瑞沢高校かるた部キャプテン。"かるたバカ"な無駄美人。


【真島 太一・綿谷 新】 所在:府中市片町2丁目20番地先(付近)
クリックすると元のサイズで表示します
太一:府中白波会所属A級選手。瑞沢高校かるた部部長。スポーツ万能、成績優秀。
新  :福井県出身だが、小学校の頃府中に転校。千早と太一をかるたの世界へ引き込んだ。


【西田 優征・駒野 勉】 所在:府中市宮西町5丁目11番地先(付近)
クリックすると元のサイズで表示します
優征(肉まんくん):かるた歴は5歳の頃からで、太っているが体育会系で運動能力も高い。
勉 (机くん) :成績優秀で、瑞沢高校では太一に継ぐ2位。理知的で自分に厳しい性分。


【大江 奏】 所在:府中市宮西町5丁目12番地先(付近)
クリックすると元のサイズで表示します
呉服屋の娘で古典を愛し、百人一首や和歌への思いは瑞沢高校かるた部一深い。


【真島 太一】 所在:府中市宮西町5丁目26番地先(付近)
クリックすると元のサイズで表示します
綾瀬千早とともに瑞沢高校かるた部を創設。千早を幼いころから一図に思い続けている。


【けやき並木の千早・太一】 所在:府中市宮町1丁目41番地先(付近)
クリックすると元のサイズで表示します
主人公の千早と幼馴染の太一が、府中のシンボル"ケヤキ並木"に佇むデザイン。

クリックすると元のサイズで表示します
源頼義、義家父子が欅の苗1,000本寄進。国の天然記念物に指定の馬場大門のケヤキ並木。

〔大國魂神社〕
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



【ラグビーW杯2019公式マスコット レンジー】 所在:府中市朝日町3丁目8番地先(付近)
クリックすると元のサイズで表示します


【府中観光協会 古都見ちゃん】 所在:府中市宮町1丁目41番地(付近)
クリックすると元のサイズで表示します


【府中市マスコットキャラクター ふちゅこま】 所在:府中市宮西町1丁目6番地&朝日町3丁目5番地先
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ