2020/8/23

vs 湘南ベルマーレ 〔J.League Division1第12節〕   FC TOKYO

8月23日 『 FC東京 vs 湘南ベルマーレ〔J.League Division1第12節〕 』 味の素スタジアム。クリックすると元のサイズで表示します
前節ミッドウィークでのアウェイ広島戦は、後半ATラストプレーで同点に追いつかれ受け入れ難い悔しきドロー。このやるせなきフラストレーションを是非とも晴らしてほしい今節、最下位の湘南に取りこぼしは許されません。連戦下の東京は、GKを林に戻し、高萩を休ませ、アカデミー期待の星、品田愛斗をワンボランチにJ1初スタメン起用、右SBには高卒2年目の中村拓海をJ1デビューの大抜擢。今季は大卒ルーキーの台頭目覚ましい東京にあって、ヤングゼネレーションの2人に期待が集まります。さてゲーム前半は、ボール回しの中から前線を伺う湘南の展開でスタートするも、東京は前半8分、拓海のシュートなどから徐々にペースを掴んでいきます。前半37分、タマのCKからのルーズボールを永井が今季初ゴールを決めて先制。ゲームは後半も東京ペースの展開、林が1対1の大ピンチもナイスセーブで流れを湘南へ渡しません。後半39分、林のロングキックの流れからレアンドロとの2連続ワンツーで抜け出したディエゴが左足シュートを決めて2点差に。後半アディショナルタイムには、カウンターから途中出場の原大智が、アダイウトンへのラストパスを横取りし、ダメ押しの3点目。終わってみれば「3−0」の完勝、J1リーグ4位へ浮上しました。スタメン起用に見事に応えた愛斗、拓海は"あっ晴れ"の出来。及第点を得た若き力を確認できたことは、苦しいチーム事情の補完、チーム内競争による戦力の活性化に寄与するでしょうし、さらにマコへのレンタルバック要請の報道も気になるところ。連戦渦中の健太トーキョー、さらなる進化に大いに期待します。バモス東京!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半37分 No.11 永井謙佑 CKからのこぼれを押し込み先制の今季初ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半39分 No.9 ディエゴ レアンドロとのワンツーから左足シュートを決めて追加点!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半45+3分 No.24 原大智 アダへのラストパスをカットインしてのダメ押しゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



No.44 品田愛斗 中盤の要のアンカー、J1初スタメン起用に、大満足の出来!
クリックすると元のサイズで表示します


No.22 中村拓海 右SBスタメンでのJ1デビューは、魅力的な攻撃力を披露!
クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー 着実に勝ち点3を積み上げ、J1リーグ4位へ浮上!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ