2020/8/26

vs 鹿島アントラーズ 〔J.League Division1第26節〕  FC TOKYO

8月26日 『FC東京 vs 鹿島アントラーズ〔J.League Division1第26節〕』味の素スタジアムにて。クリックすると元のサイズで表示します
11月3日予定の第26節ですが、ACLの影響で先行開催された一戦。前節の湘南戦から中2日、先発6人を入れ替えて、オマリ、高萩、アル、ウッチー、アダ、大智を起用し、ターンオーバーした東京。アウェイでの、両CBのゴールで一時は逆転するも、後半失速してのドローとなった悔しさを、ホームの勝利ではらしてほしいところでした。ゲームは、前半アディショナルタイムに動きます。タマのスルーパスに、2試合連続スタメン起用の中村拓海がノーモーションで相手DF股抜きパスを入れると、DFのクリアミスを誘って先制ゴールとなりました。DFが触らなければ、詰めていた大智のゴールだったかもしれませんが、いずれにしても拓海が先発起用に応えた形で、嬉しそうなガッツポーズは新鮮で可愛いらしいものでした。ただ、この日の鹿島は、1枚も2枚も上だったでしょうか。前半からゲームを支配していた鹿島は、後半早々に同点、さらに逆転すると、最後まで東京のやりたいサッカーをさせてくれません。結果「1−2」の敗戦は、若手に期待のターンオーバーがはまらず、スコア以上のゲーム展開の差を感じるゲームとなりました。口惜しきこと極まれり。ただ、猛暑の連戦では、ターンオーバーは必須でしょうし、新戦力の台頭に、トライ&エラーの積極起用も理解します。再び中2日ですぐに、相性の悪いアウェイでのガンバ大阪戦。ここはさっぱりと切り替えてまいりましょうか。バモス東京!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半45+1分 No.22 中村拓海の股抜きパスがオウンゴールを誘い先制ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー 逆転負けにて5試合ぶりの敗戦!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ