2021/3/17

vs 湘南ベルマーレ 〔J.League Division1第5節〕  FC TOKYO

3月17日 『FC東京 vs 湘南ベルマーレ〔J.League Division1第5節〕』 味の素スタジアムにて。クリックすると元のサイズで表示します
日中の小春日和も夜はやっぱり冷たき風が舞う味スタは、開幕から1勝2分1敗とスタートダッシュに微妙な立ち位置のFC東京。前節から中2日で、先発メンバーは7選手を変更。前節J1初ゴールの凌磨が前線に入り、モリゲはアンカー起用にて、CBにはエスパルスへの武者修行から復帰したマコがスタメン入り。さて、ゲームは、両者均衡状態の続くなか、前半27分に湘南に先制を許してしまいます。なんとなく嫌な展開も、前半37分、モリゲのパスカットから亨介がはたき、ディエゴのラストパスに凌磨がシュート。GKがはじいたところを、亨介が押し込んで追いつきます。3人のFWの連携が生んだ同点劇には、今シーズンの新たなる可能性を感じました。直後の前半40分、左サイドから、帆高が優しいクロスを送ると、ディエゴが一歩抜け出し、パーフェクトヘッドで、逆転ゴール。先制されるも逆転し折り返し後半へ。後半も東京ペースで進むなか、後半34分、逆襲から崩されてしまい、劣勢だった湘南に追いつかれてしまいます。それでも、諒也とウッチーを送り出した東京は、すぐさま、後半36分、CKの流れのままにゴール前に高身長のCK要員が残るなか攻め続け、諒也が再度クロスを入れ直すと、ファーでモリゲが競り勝って折り返し、飛び込んだ剛がヘッドで押し込み再逆転ゴール。いや〜、同点にされ意気消沈気味からの歓喜で寒さは一気に吹き飛びました。しかしこのままゲームは終わりません。終盤、湘南のCKを謙佑がクリアするも、ダイレクトで蹴り込まれる決定的なシュートをGK豪の横っ飛びで凌ぎます。正に神セーブで、九死に一生を得た感じ。その後は、1点リードを最後まで守り抜きホイッスル。湘南相手に想定外の乱打戦を制して3ゲームぶりの勝利で万々歳。終わってみれば、手に汗握る好ゲームでしたが、もっとゆったりと安心して見れるゲームでも良かったのになぁなどと、高望みは尽きません。連戦も次節で一息つきますが、次節こそ、圧倒的な勝利に期待です。バモス東京!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



おかえりなさい!
クリックすると元のサイズで表示します



前半37分 No.27 田川亨介 ゴール前の研ぎ澄まされた臭覚は流石!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半40分 No.9 ディエゴ・オリヴェイラ 帆高のクロスにドンピシャヘッドで逆転!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半36分 No.4 渡辺剛 モリゲの折り返しに持ち前の高打点ヘッドで決勝ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー シーソーゲームを制し辛くも勝点3をゲット!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ