2021/3/25

SAMURAI BLUE (日本代表) vs 韓国代表 〔国際親善試合〕  Soccer

3月25日『 国際親善試合 SAMURAI BLUE(日本代表) vs 韓国代表』 日産スタジアムにて。クリックすると元のサイズで表示します
コロナ禍の影響もあり、代表戦観戦は、室屋が招集された、2018年10月16日キリンチャレンジカップ2018、森保JAPANの対ウルグアイ戦以来の観戦となりました。日韓戦の観戦は、2017年12月16日味スタでの、"FAFF E1 FOOTBALL CAHMPIONSHIP 2017"以来。高萩と室屋が招集されたものの、ヒョンスの鉄壁のディフェンスに、ホジッチJAPANが「1−4」の大敗を期したのを覚えています。国際親善試合と云えども、そこは日韓戦。勝利への意地の張り合いに激しいゲームになるのは必須。ちなみに、国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が27位、韓国は38位。FC東京からは小川諒也が初招集され、左SBとして長友佑都、太田宏介らの先輩たちにどこまで迫れるか、大いに期待です。ゲームは、入りから日本のペース。チームとして素早い寄せでのボール奪取にテンポある展開で韓国を一蹴。前半17分、大迫の巧みなヒールパスに、山根がDFラインの裏へ抜け出して右足で先制ゴール。さらに前半27分には、大迫が前線でボールを収めてカウンター攻撃に入り、鎌田がドリブルで持ち上がり、そのままシュートを放つと、日本代表2点目のゴール。ゲームの主導権を一気に手繰り寄せました。前半、韓国代表FW起用のナ・サンホの動きにも注目しましたが、今一つだったかなぁ。後半38分には左CKから遠藤航のヘディングシュートで3点目を奪い、ほぼほぼダメを押したよう。諒也も後半途中出場し、サイドからのクロスに積極的に挑みますが、ゲーム展開としてはディフェンスに重点を置いたでしょうか。日本は、その後もしっかりとしたディフェンスで、韓国の攻撃も散発に防ぎ、「3−0」の完封での完勝。新型コロナウイルス感染拡大後では初めて勝利で、日韓戦の通算対戦成績は、日本の14勝23分け40敗。韓国代表といえば、日韓戦に滅法強いイメージでしたが、思いのほか、あっけの無い快勝に、拍子抜け。日本が強いのか、韓国が弱いのか。森保JAPANには、過信することなく、ワールドカップ予選に挑んでほしいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

"選手入場"
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半17分 No.13 山根視来(川崎フロンターレ) A代表デビュー戦初ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半27分 No.9 鎌田大地(ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト) 代表2得点目のゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半38分 No.6 遠藤航(ブンデスリーガ・VfBシュツットガルト) CKからヘッドでダメ押しゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



祝! No.3 小川諒也 SAMURAI BLUE デビュー! 
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



森保JAPAN! 1年4か月ぶりの国内での代表戦を「3−0」の快勝!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



元青赤戦士! No.9 ナ・サンホ(韓国) No.12 権田修一(日本)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ