2021/5/15

vs 柏レイソル 〔J.League Division1第14節〕  FC TOKYO

5月15日『柏レイソル vs FC東京〔J.League Division1第14節〕』三協フロンテア柏スタジアム。クリックすると元のサイズで表示します
1月4日ルヴァン杯決勝で死闘を繰り広げた柏レイソルとの一戦。オルンガが抜け、未だチーム力が整わず苦戦を強いられている柏に対し、泥沼5連敗の東京。どちらも勝点3を積み上げ、浮上のきっかけとしたい「Jリーグの日」です。ただ結果的には、この日の勝利の女神は、東京に微笑んだでしょうか。ゲームは、キックオフから15秒足らずで、アダの突破からCKを獲得する東京。前節の鹿島戦があまりに消極的でしたから、このゲームに期すものを感じます。すると11分、柊斗のパスからアダが再び左サイドを突破、飛び出したGKの頭越しの浮き球を入れると、待ってましたとばかりにディエゴが頭で合わせて、東京が先制します。17分には、柏のバックパスがミスとなり洋次郎がそのままゴールへ突進しシュートと思わせておいての左のアダへラストパス。アダがスライディングで合わせて追加点をゲット。さらにその1分後、左サイドでワンタッチパスの連続でプレスをはがしたボールを洋次郎がワンタッチのヒールパスで左裏へと優しく流すと、これに反応したアダがドリブル突破し豪快にゴールへとたたき込み、開始18分で「3−0」と一気にゲーム支配しました。後半は、柏の猛反撃を受け続けましたが、最後の最後で体を張りゴールは割らせません。すると、途中出場の謙佑のカウンターからのウッチーのシュートはクロスバーを叩きますが、同じく謙佑のカウンターからタマのゴールで4点目、ダメを押しました。この日の殊勲は、今季初スタメンでトップ下に入った洋次郎でしょう。神出鬼没で突然姿を現すとボールを受けては決定的な何かをやってみせる予感が漂い、ディフェンス面でも、トップの位置まで上ってしつこくプレスをかけたり、DFに下がり過ぎるなと声をかけたり、持ち前のセンスとテクニックが輝きを放っていました。スタメンを外れた東キャプテンは、今季、ゲーム後半のガソリン切れが目立っていましたので、今日のように後半からの途中出場で、攻守に躍動、チームを鼓舞する使い方が良いかも、スタメンは洋次郎を使うべきかなぁ。いずれにしても「4−0」の快勝。今季最多の4ゴールを挙げ、4月7日以来1か月ぶりの勝利で連敗脱出。久しぶりの清々しき五月晴れに万々歳でした。今年は例年よりも早い梅雨入りが見込まれますが、このゲームをきっかけに、暗雲漂う視界不良を払拭したいものです。バモス東京!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半11分 No.9 ディエゴ・オリベイラ アダのラストパスをヘッドで決めて先制ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半17分 No.15 アダイウトン 洋次郎からのパスにスライディングシュート!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半18分 No.15 アダイウトン ショートカウンターから豪快にこの日2得点目!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半AT+3分 No.8 三田啓貴 自ら起点の謙佑カウンターに走り込み今季初ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー もがき苦しんだ1か月を決して無駄にすることなきよう願います!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


柏サポーターの皆さんに挨拶するディエゴへ、スタンディングオベーションの拍手が・・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ