2021/5/22

vs ガンバ大阪 〔J.League Division1第15節〕  FC TOKYO

5月22日 『 FC東京 vs ガンバ大阪〔J.League Division1第15節〕』 味の素スタジアムにて。クリックすると元のサイズで表示します
梅雨入り前ながら久しぶりの五月晴れに恵まれた味スタは、前節柏レイソル戦を「4−0」の快勝で5連敗をストップした東京に、コロナ感染の影響もあり苦しい戦いが続き、監督交代直後の前節浦和戦にも敗れ6試合白星のないガンバ大阪との一戦です。ミッドウィークのルヴァン杯はヤングトーキョーでしたが、この日のスタメンは、柏戦と同じくトップ下に洋次郎を置いたシステムで先発メンバー変更はありません。ゲームは、開始早々の25秒、右サイド深い位置にウッチーが蹴り込み、亨介が追うと、一旦DFにクリアされるも、青木が敵陣内で収め2次攻撃スタート。洋次郎、青木、洋次郎とつなぎ、洋次郎は上がっていたウッチーへパスを通します。ウッチーは、易々と詰めてきたDFと入れ替わり、ボックス内へ進入。フリーで中央に折り返すと、これまたドフリーのディエゴがダイレクトボレーで合わせ先制ゴールをゲット。キックオフからわずか46秒の電光石火の得点劇でした。直後の2分、ショートコーナーの流れからアダのヘッディングシュートはわずかに枠外。続く9分、諒也の柔らかい浮き球に、亨介が左足ダイレクトボレーで合わせましたが、ジャストミートせずクロスバー。怒涛のシュートラッシュは前節柏戦を彷彿させるものでした。その後、東京は、何度かチャンスを作り出しましたが追加点を奪うに至らず。それでも、しっかりとしたリスクマネジメントと集中した守備で、リードを保ったまま危なげなく終了のホイッスルを迎え、ウノゼロでの完勝。2試合連続のクリーンシートで今季2度目の2連勝となりました。5連敗が川崎、福岡、鳥栖、横浜FM、鹿島と現在リーグ上位チームだったことを考えると、ここからは下位チームからの勝ち点3は必須です。心配なくらい不調のガンバでしたが、とりあえずミッションをクリア。次節は中3日、アウェイでのエスパルス戦ですが、勝ち点3のお持ち帰りが、次なるミッションでしょう。バモス東京!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半1分 No.9 ディエゴ・オリベイラ ウッチーのパスにダイレクトボレーで決勝ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



祝! 日本代表メンバー選出!
クリックすると元のサイズで表示します



祝! J1リーグ戦通算300試合出場達成![2021.5.1(横浜F・マリノス戦)]
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



祝! J1リーグ戦通算100試合出場達成![2021.5.1(横浜F・マリノス戦)]
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー 4月7日札幌戦以来の味スタ勝利は、5連敗後の2連勝!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



お披露目! クラブ初の公式戦3rdユニ!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ