2021/6/13

vs 湘南ベルマーレ 〔J.League YBC Levain Cup PlayoffStage 2nd Leg〕  FC TOKYO

6月13日、『 湘南ベルマーレ vs FC東京 〔J.League YBC Levain Cup PlayoffStage 2nd Leg〕』クリックすると元のサイズで表示します
ホーム&アウェーで争われるプレーオフステージ。1stレグをホーム駒沢にて「0−1」で落とし、複数ゴールを奪っての勝利が絶対条件の東京。2ndレグは、ネーミングライツ変更で、ShonanBMWスタジアム平塚、改めレモンガススタジアム平塚での一戦。兎にも角にもアウェイゴールを挙げなければ始まらない東京は、前線にディエゴ、レアンドロ、謙佑を並べます。ゲームは、開始早々、謙佑が左足を痛めるファールで、FKをゲット。前半11分、このFKを森重が柔らかいボールで前線に上げると、ディエゴが胸で落とし、すかさず反応したレアンドロが右足一閃、ボレーを突き刺し先制ゴール。2ゲーム通算、共にアウェイゴールでの「1-1」のイーブンとして幸先良きスタートとなりました。ただ、謙佑はプレイ続行を断念するアクシデント。代わりにアダがピッチに入ります。タマも交代準備していましたが、結果的には、このタイミングでのアダ投入が大当たり、ゲームの雌雄を決する交代となります。前半35分、ハーフウェーライン付近からレアンがグランダーのスルーパス一本。ボックス内に抜け出したディエゴがGKとの1対1を落ち着いて左足で決めて追加点をゲット。2戦通算スコアで逆転に成功し、ルヴァン勝ち抜けには、このゲームの勝利のみが条件となりました。前半41分、左SB佳史扶のセンタリングをディエゴがつなぎ、アダが右足一閃。弾丸シュートでさらなる追加点をゲット。ブラジル人トリオの揃い踏みにて、引き分けは絶対に許されない東京にとって大きな3点目となりました。その後1点返されるも前半を2点リードで折り返し。後半もブラジル人トリオを中心に攻撃の手を緩めず、ディフェンス陣も危なげない堅守を見せ、後半ATには、ディエゴのドリブルからヒールパスを受けたアダが、これまた豪快なシュートで、ダメ押しの4点目。結局、東京が3点差をつけたところでゲームオーバー。東京が「4-1で」勝利し、2戦通算「4-2」で、逆転で準々決勝進出を決めました。ディエゴ1G3A、レアン1G、アダ2Gと、ブラジル人トリオの連係で全4ゴール。まるで、2019シーズン開幕アウェー清水戦を彷彿させるかのようで、大満足の勝利でした。ルヴァン杯3年連続でのプライムステージ進出。ここのところ苦しいゲームが続く東京ですが復調の兆しが見えたゲームであり、ルヴァン杯連覇への道を切り開くゲームとなりました。バモス東京!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半11分 No.20 レアンドロ ディエゴの落としをダイレクトボレーで先制ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半35分 no.9 ディエゴ・オリベイラ レアンのスルーからGKとの1対1を制しゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半41分 No.15 アダウイトン ディエゴのラストパスを豪快に叩き込むゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半AT+2分 No.15 アダウイトン ディエゴのヒールを再び豪快に叩き込むゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー ルヴァンカップ プレイオフステージを大逆転勝利で突破!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ