2021/6/19

vs 横浜FC 〔J.League Division1第18節〕  FC TOKYO

6月19日 『 横浜FC vs FC東京〔J.League Division1第18節〕』ニッパツ三ツ沢球技場にて。クリックすると元のサイズで表示します
本格的な梅雨を思わせる空模様の三ツ沢へマイカーを利用にて参戦です。先週、ルヴァン杯を辛くも勝ち抜けた東京は、代表帰りの諒也と亨介をベンチに置き、ルヴァン杯プレイオフステージ2ndレグ湘南戦のスタメンをそのまんま起用しました。ゲームは絶え間なく降り注ぐ小雨の中でのキックオフ。立ち上がりの東京は、ボールが足につかずにロストも多く、ボールを落ち着かせることができないドタバタした展開で始まりました。その後、一進一退の攻防も、徐々に攻勢を強めた東京は、前半31分、自陣左サイドのアダの前方レアンへのパスからカウンター発動。レアンは、ドリブルキープからペナルティエリア左にスルーパスを供給します。これを受けたディエゴが振り向きざまに折り返すと、インナーラップしたアダがワントラップからGKの股抜きシュートで先制ゴール。直前の絶体絶命のピンチにモリゲの神セーブの後だっただけに喜びも一入。ブラジル人トリオの超絶連携で、あっという間の先制劇でした。東京1点リードのハーフタイム明け、右SB拓海に代えてピンキー諒也を投入。一方、この日の横浜FCも粘り強く反撃を試み、もしやもしやの危うき場面も多々ありましたが、GK豪のナイスセーブやオフェンス陣の体を張る気迫の守りでゴールは割らせません。東のハンドによるPK判断には肝が冷えましたが、VAR介入でハンドのノーファクトにて切り抜けました。その後、森保代表監督が見守る中、代表当落線上の亨介も途中出場。2度ほど決定機がありましたが決めることができず、東京五輪は厳しくなったかもしれません。ゲームは、このまま「0−1」のウノゼロ勝利で、3試合ぶりの勝ち点3を獲得。この日の勝利の女神はどちらにも味方せずイーブンでしたが、雨振りピッチに滅法強いアダちゃんに若干微笑んだでしょうか。兎にも角にも今の東京は結果がすべて。これで7勝4分7敗と星勘定上は五分に戻しました。次節、徳島に勝利し、勝ち星先行で後半戦へ望みたいものです。バモス東京!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半31分 No.15 アダウイトン ブラジル人トリオのコンビネーションで決勝ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



お帰りなさいませ! SAMURAI JAPAN 小川諒也 & U-24日本代表 田川亨介
クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー 薄氷を踏むがごとしウノゼロ勝利で11位へ浮上!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



No.4 高橋秀人 & No.39 渡邉千真 益々のご活躍をお祈り申し上げます。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



祝! No.10 中村俊輔 J1通算400試合出場!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ