2021/8/14

vs 北海道コンサドーレ札幌 〔J.League Division1第24節〕  FC TOKYO

8月14日 『北海道コンサドーレ札幌vsFC東京〔J.League Division1第24節〕』札幌ドームにて。クリックすると元のサイズで表示します
ミッドウィークの鳥栖戦はモリゲを累積警告で欠き、ウノゼロでの敗戦を期した東京は、ルヴァン杯プレミアムステージで対戦する札幌との前哨戦という意味合いからも、絶対に勝ち点3を持ち帰りたいところです。スタメンは、モリゲが戻ったものの、ディエゴがケガ療養で外し、かわりに亨介を起用し複数得点を狙います。ゲームは、前半からお互いゴールを奪い合う展開。まずは、前半わずか3分、自陣内からのカウンター発動。ドリブルで持ち上がったアダイウトンが、一旦レアンドロに預けてエリアへ侵入すると、レアンのリターンパスを受け、右足でGKとの一対一を制し、幸先良き先制ゴール。ムードは一気に東京かと思いきや、その後は一進一退、札幌のつなぎのサッカーがらしさを見せ始めます。すると前半41分、GK豪がシュートを弾くとすかさず押し込まれて同点。それでも前半終了間際の45分に、敵陣内でレアンがボールを奪取。そのままドリブルで運んで中央に折り返すと、走り込んできたアダが今度は左足でネットを揺らし逆転ゴール。なんとか、前半を1点リードで折り返しました。ところが、後半立ち上がりに再び札幌が同点にされると、東京の淡白な攻撃は悉く抑えられ、札幌の展開。後半19分、福森のロングフィードをジェイが胸でゴール前に落とし青木に決められ「3−2」と逆転されてしまいます。東京も途中出場の鈴木準弥やタマが鋭いシュートを放ちますが、相手GKの好セーブに阻まれ得点をあげることができません。打ち合いとなったゲームでしたが、逆転負けの東京は、これでリーグ戦2連敗。順位も札幌に入れ替わられ、暫定9位。早々ゴールのアドバンテージを活かせず、失点場面では何が起きたのか、振り返る必要があるでしょうねえ〜。口惜しき2連敗で、ACL圏内がかすんできました。いっこうに収まらぬコロナ禍の中、難しいアウェイ連戦は続きます。ここが踏ん張り処、なんとか踏み留まってほしいと切に願います。  バモス東京!


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半3分 No.15 アダウイトン 自ら持ち上がり、レアンとのワンツーから先制ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半45分 No.15 アダウイトン レアンのラストパスを左足で叩き込み勝ち越しゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


この日、2ゴール! 孤軍奮闘(?) ひとり火を吐いたアダウイトン!
クリックすると元のサイズで表示します



お元気そうで何より。No.3 柳貴博選手!ますますのご活躍をお祈りいたします。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー 中断明け再開後、ままならぬ展開にてトホホの2連敗!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ